幸せの酒 銘酒市川
静岡の地酒 喜久酔 静岡の地酒 正雪 静岡の地酒 英君 静岡の地酒 臥龍梅 静岡の地酒 国香 静岡の地酒 高砂 静岡の地酒 杉錦 和歌山の地酒 羅生門 山口の地酒 獺祭 新潟の地酒 麒麟山 新潟の地酒 千代の光 秋田の地酒 喜久水・能代、喜三郎の酒 広島の地酒 小笹屋竹鶴 山口の地酒 雁木 宮崎の焼酎 杜氏潤平 鹿児島の焼酎 富乃宝山 宮崎の焼酎 日向あくがれ 宮崎の焼酎 人夢可酒 熊本の焼酎 鳥飼 宮崎の焼酎 八重桜 宮崎の焼酎 甕雫・かんろ 鹿児島の焼酎 あまみ長雲 鹿児島の焼酎 龍宮 沖縄の泡盛 春雨 沼津の地ビール ベアードビール 梅酒「人吉(ひとよし)」「蔵元の梅酒」 銘酒市川ワイン 国産天然はちみつ こだわりの食 銘酒市川 まごころのギフト
→ 日本酒・焼酎 種類別一覧 → 条件を指定して検索 → 全商品一覧   ご利用案内ご利用案内 Q&AQ&A 買い物カゴを見る買い物カゴを見る
  <<銘酒市川トップページ 


−2005/1/8〜2005/11/21(melmaブログにて掲載分)−

1/8
[お店][エトセトラ]新年おめでとうございます!

皆様

昨年中は大変お世話になりました。
今年も家族・スタッフ一同元気にがんばっていこうと思います。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

お正月はのんびりしすぎて、気が抜けて、仕事始めに風邪をひいてしまいました。情けな!それも3年ぶりくらいの風邪。バカでなくてよかった。明日1/9は後輩の結婚式があるというのに、このままでは、せっかくの美味しいお料理の味がわからなくなってしまう・・・ううっ。
今日はごはん食べたら、お風呂入って、暖まって早く寝よう!
神様、どうか風邪を治してください。お願いします。
店主市川祐一郎拝

1/9
[お店]【重要】定休日が本年より変わりました。

昨晩、薬を飲んで、お風呂にゆっくり入って、暖まって、早く寝たおかげで今朝は、鼻づまりもだいぶ良くなり、ホッとしております。
静岡市での17:30からの後輩の結婚式では、そこそこ楽しめそうです。ああよかった!でも、いつもならお楽しみの二次会等々のお誘いには今回に限っては乗らないように、今日は早々に帰ってくるつもりです。

さて、銘酒市川では昨年まで毎週水曜日と第二日曜日休みだったのを今年から「毎週日曜日と祭日休み」へと変更させていただきました。
http://www.e-sakaya.com/#eigyou

なぜ変更したかといいますと、我が長男太一(小五)の少年野球(蒲原ベアーズ)への関わりが昨年ほとんどできなかったので、六年生になる今年は、少しでもそれに関われたら・・ということで思い切って定休日の変更をいたしました。家内や母に相談したところ大賛成でした。(女性陣にしてみると、やはり世間の休日に休みたいのが本音のようです。)少年野球の練習や試合のほとんどが日曜・祭日ですので、今年は子ども達への応援や指導をしっかりとやってあげて、太一との接点をたくさん設けて、いい思い出を作っていきたいと思います。

太一以外にも中一、小一と年少さんの娘がおりますので今年は彼女たちとも、いーっぱい遊んであげたいなと思っております。ということで今年の目標は「パパをがんばる」でいってみます。

市川祐一郎拝

1/10
[エトセトラ]すごい結婚式

昨日(1/9)店主市川が40歳まで(40歳で強制卒業となります)所属していたJC(駿河青年会議所)の後輩の結婚式に行って参りました。(お父上とも現在駿河ロータリークラブでお世話になっております。)
さて、受付を済まし、ドアを開けて会場中に入ったとたんに、まあ、驚いた!驚いた!!なんと出席者が400名強!静岡県中部地区で一番大きいと言われる(隣に座った「正雪」神沢川酒造望月正隆専務の話)ホテルセンチュリー静岡の5Fセンチュリールームには人、人、人・・。
「正雪」 http://www.e-sakaya.com/shosetu/shosetu.htm

こんなすごい結婚式にはこのかた行ったことがありません。もう一方の隣の席の友人との会話も出てくる言葉も「すげえなあ。ほんとすげえよなあ」の繰り返し。辺りの会話も、同じようなことを言っておりました。まるで芸能人の結婚式か?と思ってしまいました。(招かれたことがないのでなんとも想像の世界ですが)

世の中、すごい世界、上には上があるんですねえ。あーびっくりした。久々にお会いしたJCのOBの先輩方や友人とのたのしい時間を過ごさせていただきました。飲んでばっかりで、出てくるお料理はあんまり食べなくて、男って結婚式ではけっこうもったいないことしております。
市川祐一郎拝

1/11
ハウルの動く城

我が家では1/1はこの数年、私が子ども達を映画に連れて行ってあげるのがお正月の恒例行事となっており、今年も清水エスパルスドリームプラザ(こちらではドリプラと言ってます)に行ってきました。
新年の1/1は私にとっては大切な「解放記念日」。1/1と言う日は、約2ヶ月の年末商戦(そんなにたいしたことはないのですが)中は休みは全くなく、新年のお正月に『飲んで喰ってグータラする』事だけを励み・楽しみにひたすらがんばることから解放される日なのです。

この日を子ども達ばかりでなく、実は私も非常に楽しみにしていたのでした。すでに以前より観る映画は「ハウルの動く城」と決めていました。「Mr.インクレディブルが観たいー」と泣きわめいて懇願する小一の娘の言うことも全く無視。(鬼のような父親)だって、私にとって特別な日なんだもん。たまには父親の言うことを逆に子どもに聞いてもらってもいいでしょう!ということで「ハウルの動く城」。
http://www.howl-movie.com/

まあ面白かったです。画面がきれいで、ストーリーも凡人には想像もつかない世界。どんどん引き込まれていってしまいました。一つ悔いが残りました。最後のころのめちゃイイ場面で、4歳の一番下の娘が「パパ、おしっこ!」うーん。まいった。また観に行かなければなりません。いますぐでも観たいのですが、今度のお楽しみにとっておこう!
それを楽しみにまたオシゴトがんばろう!っと。
市川祐一郎拝

1/12

清酒竹鶴 合鴨農法米 14BY

今日は久々に鼻通りがよく、ようやく風邪も抜けたかと思われ、さっそく晩酌を始めた。お陰様で年末の忙しさから一段落し、私の唯一のたのしみ(ほかにもあるだろ?)である晩ごはんをゆっくりと味わう。これは「幸せ」そのものなのであります。
http://www.e-sakaya.com/avon/dangi_top.htm

体調のバロメーターは「お酒が呑みたくなるか、お酒がおいしく感じられるか」であると思います。だいぶ体調が戻ってきたのでしょう、今晩は無性に「竹鶴」が呑みたくなってしまったのです。年賀状もお出ししており、新年のご挨拶もそれで済ませているのにもかかわらず、体が勝手に竹鶴さんに電話をしておりました。竹鶴壽夫社長のお元気なお声をお聞きし、今年もがんばろう!竹鶴社長に負けないゾ!と決意を新たにしたのでした。ちなみに私店主市川は竹鶴壽夫社長を尊敬しております。

無性に呑みたくなったお酒は「清酒竹鶴 合鴨農法米 14BY」。これは寒いとき熱めのお燗がたまらなく美味しいお酒なのであります。
http://www.e-sakaya.com/taketuru/taketuru.htm#800028
お酒を飲み始めてまだ季が浅い方には、少々クセがあるかもしれませんが、私にとってはタマラナイお酒なんです。複雑な味がイイんです。

「鳥の三色御飯」を肴に(健康的ぃー)約二合をじっくりと!ああいい気持ち。てなところで、次は焼酎飲もうかな。これです!「京屋かんろ時代蔵」旨いんだな!これが!
http://www.e-sakaya.com/kanro/kanro.htm#20507

そんなところで今晩は久しぶりにお酒を愉しみます。
市川祐一郎拝

1/15

中学の同窓会

お正月の1/3 4年ぶりの中学(静岡県の蒲原中学校)の学年同窓会がありました。もうすっごく楽しみにしておりました。

今回の会場はクラスの同級生の木下貴年くんが洋食の料理長を務める静岡グランドホテル中島屋。http://www.sn-hotels.com/sgh/top.html友達みな立派になり、オレもがんばらねばと思った次第です。貴年くんいろいろご配慮をいただき、同級生一同感謝です!ありがとう!

さて、この蒲原中学校・学年同窓会、一番最初は20歳の時に行いました。二回目は相当飛んで35歳の時。それから毎年5年おきにやろうということになり、40歳でやって、そして今回。実は本来なら45歳のときにやるはずなんですが(私はまだ43歳、早生まれだから数えで44歳組)、実は、当時6クラスでしたので6名の先生方のうちの3名の先生が今年の3月をもってご退職なされるといことで、一年前倒しで急遽開催することになった次第です。(実は幹事をやっているのです)そのご退職になられる先生方はみな校長先生ということで先生もがんばっておいでです。

今回なにより先生方がみーんなお元気でうれしかったです。
当時の私達が知らなかったような(中には他の先生も知らなかった)秘話もあり、大いに盛り上がりました。先生方をいまでも尊敬しております。「いつまでたっても先生は先生」。私のプロフィールにも似たような事が書いてありますので見てくださいね。(高校時代のところです) http://www.e-sakaya.com/tenshupr/tenshupr.htm

お昼の12時〜3時までの3時間があっという間に終わってしまい、それから二次会・三次会・四次会のカラオケボックスと、なんと帰りは終電の一本前。それまでの12時間弱、中学生のころに戻って思い切り遊んでしまいました。最高に楽しいひとときでした。永遠の友達です。
次回の同窓会はは規約に戻って50歳。あと6年。オレもそのころは相当オヤジになっているんだろなあ!元気でいるかな?
皆さんそのころまでどうぞご贔屓に!(笑)

ちなみに同級生の女子?達は前回の40歳の時よりも若くなったような感じがしました。ホントだよ。子育てからちょっと解放されたのかな?市川祐一郎拝

1/16

どんど焼き

今日1/15、早朝より地元(蒲原町新栄区)の恒例行事「どんど焼き」を行った。「どんど焼き」とはお正月のお飾りを盛大に?燃やして無病息災を願う行事のこと。ただお飾りを燃やすだけでは芸がない?ので、我々新栄区のお父さん方の有志の団体「新栄ブルーミドルズ」(青年と中年の集団の意、おれはどっちだ?中年でしょうねえ<泣>)が中心となって、御神酒(本日は喜久酔・普通酒のお燗 http://www.e-sakaya.com/kikuyoi/kikuyoi.htm#10101)とお汁粉を皆さんに振る舞った。

その前、朝7時に私はオシゴトをしていた。たまの休みくらいゆっくり寝かせてくれーと言いたいところをグッと我慢し、普段より相当早起きをして、向かいのガス屋さんから前日よりガスとコンロ一式を借りてきてたのをセットしたのであった。えらいっ!

お汁粉も横でお餅を焼いて、それをお汁粉に入れるという本格派。普段なかなか甘い物はいただかないのですが、大変おいしゅうございました。そして「喜久酔・普通酒」のお燗、これは寒い朝には最高でした。「これは旨い!」と近所のおじさん連中は1.8Lびん2本をあっという間に飲んでしまいました。流石、喜久酔です!

うれしかったことがありました。前日から降り続いていた雨が朝方上がり、朝からそれはそれはきれいな青空でしたので、たまたま区長さんが隣にいらっしゃったので「区長、きれいな青空ですねえ」と、話しかけましたところ、「市川さんの心みたいにきれいな青空ですね」とおっしゃってくださいました。いやーうれしかったです。少し照れてしまいました。

朝8時から始まり10時半ころには終わったのですが、さすがに疲れました。振る舞いの最中に来年は「甘酒」にしてみない?とみんなに提案したところ、それはイイということになりました。来年のいまごろ、喜久酔のお燗と甘酒がここ新栄公園にありますので、みなさん飲みにきませんか? 市川祐一郎拝

1/18

[エトセトラ]おじいちゃんと大相撲 (その1)

ただ今、大相撲初場所の真っ最中。仕事も終わり、お風呂に入ってから、のんびりと炬燵で「日向あくがれ(在処離れ)」のお湯割 http://www.e-sakaya.com/tominotuyu/tominotuyu.htm をじっくりと愉しみながらスポーツニュースの大相撲の取り組みを見ていたら、今から30数年前、私が小学校のころの家での一風景を思い出しました。冬の寒いころのことをです。

夕方前に学校から帰ってくると、よく、おじいちゃん(今から12年前に85歳で亡くなりました)といっしょに炬燵に入ってお相撲を観ておりました。おじいちゃんとどんな会話をしたかはあんまり覚えておりませんが、情景は鮮明に覚えております。炬燵の上には山盛りの蜜柑。それから「かっぱえびせん」。

蜜柑は一日に相当食べたんではと思います。だって手の平が黄色くなったくらいです。「かっぱえびせん」は近所のお菓子屋さんでよく買ってきました。「やめられない、止まらない」とはよく言ったもので、ほんとにそう!お相撲を観ながら一袋を一気にボリボリ食べ終えると、塩で口がふやけてしまったりしたっけな。

当時のおやつはそんなもんでした。たまに親父がパチンコで紙袋いっぱいにチョコレートをとってきてくれるのが、すごく楽しみでした。自分用の煙草には交換せず、私達のためにチョコレート。いま考えるとありがたかったなあ。ありがとう親父。(親父も6年前に64歳で急逝)当時のお気に入りは森永「ハイクラウン」とロッテ「ガーナミルク」。六年生くらいになったときはロッテ「クランキー」が大好きでした。三歳下の妹と山分けをしたのですが、兄貴という権力の下に、けっこう横取りしてたのを思いだしました。ごめん!順子。<続く> 
市川祐一郎拝

1/19

[エトセトラ]おじいちゃんと大相撲 (その2)

さてさて、お相撲の話に戻りましょう。小学生だった当時、贔屓のおすもうさんは「藤ノ川」「若浪」「陸奥嵐」。みなさん知ってますか?小兵なのにでっかい相手に気迫と技で立ち向かっていくのが好きだった。「藤ノ川」はかっこよかった。覚えているのは「若浪」の”けたぐり”と「陸奥嵐」の”吊り”。若浪も”吊り”が得意だったので陸奥嵐との対戦にはいつもどんな戦いになるのかワクワクしていた。(ヘンな小学生)

おじいちゃんのご贔屓は「貴ノ花」(少し前に引退した横綱貴乃花の父)。私も好きだった。このころは「高見山」や「龍虎」も好きだった。「千代菊」という岐阜のお酒のCMに横綱「北の富士」が出ていて、当時、我がお店でもそのお酒を扱っていた関係で、おじいちゃんが何かで招待され、北の富士といっしょに記念撮影した写真があります。

藤ノ川 http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/19661102.htm
若浪 http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/19630502.htm
陸奥嵐 http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/19670301.htm
貴ノ花 http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/19681102.htm
高見山 http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/19680101.htm
龍虎 http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/19680301.htm
北の富士 http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/19640101.htm

いろいろと調べたら、懐かしかったです。<続く> 市川祐一郎拝

1/20

[エトセトラ]おじいちゃんと大相撲 (その3)

じつは私の息子の太一(小5)が一昨年小4のとき「わんぱく相撲」 http://www.wanpaku.or.jp/ でたまたま郡大会で優勝し、県大会で4位となって全国大会(国技館)に出たとき、一泊お世話になった相撲部屋が私の憧れだった藤ノ川(現伊勢ノ海親方)だったのです。

びっくりしたなあ。憧れの藤ノ川といっしょに”ちゃんこ”をご馳走になったそうで、「ちゃんこ旨かったぁ」と本人が申しておりました。あーあ、太一はいいなあ。でもチームプレーではなく、自分だけの力で勝ち上がっていったことは本当にすごいなあと、我が息子を誇らしく思いました。おじいちゃんと親父が生きてたらきっと喜んだんだろうなあ。

画像は「太一の取り組み」です。惜しくも一回戦敗退してしまいましたが、また来年も国技館へくるぞ!   <続く> 市川祐一郎拝

1/21

[エトセトラ]おじいちゃんと大相撲 (その4)

なんだか思い出ているうちに (その4)になってしまいました。

我が息子太一くん。昨年(小五)も全国大会に出場しました。がんばったんですヨ。庵原郡大会を優勝し、県大会は今度は3位で全国に出場となりました。惜しかったんです。静岡県大会で1位の選手と最終戦で戦い、これで勝ったら優勝かもというところで破れたんです。ああ、惜しかった。

<画像は昨年6月そのとき、来賓でいらっしゃったしころ山親方(元寺尾関)といっしょに> 親方は謙虚で真摯ですっかりファンになってしまいました。

さて全国大会、やりました!一回戦を見事突破。以下その感動を7/26に配信させていただいきましたメルマガの記事で感じ取っていただけましたらうれしいです。太一。今年、六年生でもう一つ思い出を作ってくれ!
さてさて、きっと、太一は相当体格がいいかなぁと思ってらっしゃる皆様がおいでだと存じますが、本来は野球選手なのです。「蒲原ベアーズ」。ほんと、武雄おじいちゃん。勝一親父が見ていてくれたら、めっちゃっよここんでるんだろうなあ。いやいや、がんばりを見ててくれてます。

<以下2004/7/26メルマガより>
昨日7/25(日)、店主市川の長男太一(小五)の「わんぱく相撲全国大会」(両国国技館)に家族みんなで応援に行ってきました。2回戦からの出場でしたが、すばらしい立ち合いと出足で相手を速攻で寄り切り、お陰様でなんとか悲願の一勝をあげることが出来ました。思わず「よっしゃー!よくやった!」と叫んでしまいました。うれしかったです。勝った瞬間、太一はガッツポーズをしてました。

3回戦からはなんと秋篠宮ご夫妻(家内が紀子さまに手をふっていただいたと興奮しておりました。それにしてもお二人ともすてきでした。)もご観戦のなか、行われました。3回戦は太一(154センチ70キロ)よりも二回りもでかい岐阜の選手との対戦でした。練習ではとにかく立ち合い勝負で、勇気を出して、思い切り取りぶつかっていくこと。そして相手に「目で負けない」ことを口をすっぱくして言い聞かせてきましたが、練習通りの、すばらしい気合いと立ち合いをみせてくれたスゴイ一番でした。勝負は物言いがつき、審議の結果、太一が出るのと、相手の膝が着くのが、同体ということで取り直しになりました。

取り直しの一番は、いままでの中で一番のすばらしい当たり(頭どおし)でした。しかし、当たったあと太一がそのまま足からガクッと崩れてしまいました。あとで聞くと、なんにも覚えていないとのこと。たぶん、当たった瞬間に脳しんとうを起こしたのではなかと思いました。とにかくビデオで見ても凄い当たりでした。

残念ながら負けてしまいましたが、次回6年生の時も、同じ国技館の土俵に立てるように、そして今度は二勝できるようにという目標が出来ました。しかし、「この一勝は日頃からおまえがガンバッた成果だゾ、よくやったなあ!」と息子の太一を大いに褒めてあげました。こんな息子をもって幸せです。ちなみに太一は相撲は3〜7月だけで、あとはスイミングと少年野球をやっております。最後にお忙しい中、応援においでくださいました友山様、長岡様、道見様、橋本様本当にありがとうございました!
店主市川祐一郎拝

1/23

[ビール]発泡酒の思い出

「おじいちゃんと大相撲」。気が付いたら4回も書いてしまっておりました。さてこのへんで酒屋らしくお酒の話題に戻しましょう。

今でこそ発泡酒はビールに取って代わって話題になっておりますが、今から約10年くらい前の発売時には、ビールもどきの紛い物、そんなの果たして売れるのかな?と思っていたんです。いまで言うビールのような発泡酒で一番最初に出したのが確か「サッポロ ドラフティー」だったと思います。(間違っていたらスミマセン)

当時、取引のある問屋さんのおつき合いで(ほぼ義理で)、その「ドラフティー」の350ML缶を3ケース仕入れました。最初っから関心がなかったものですので、そのまま倉庫の片隅もったいないから、思い切って自分が飲むことにしました。

最初飲んだときは、コクがなくてあっさりしていて、なんだか安っぽく感じたのが、最後には、普通のビールと変わらないくらいの感覚になっておりました。慣れは恐ろしいです。ようやく3ケース飲み干し、さあホンモノのビールということで、「キリン一番搾り」を飲んだんです。
まあ旨かったこと旨かったこと!それまで感じることがなかった”麦汁”の味がしたのです。これは本当に美味しかったです。感動モノでした。いまでも、そのときのことは忘れられません。

その後、あまりビールに関して感動した覚えはありませんでしたが、4年ほど前にドイツで飲んだビールは久々に感動しました。http://www.hauf-bier.de/frameset.htm

連載コラム【めちゃくちゃおいしいビールに出会う】より
乙女の夢(かくいう私も憧れていた)である「ロマンチック街道」をバスで旅した。四十男の私が草原の緑と空のきれいさ、それに家々の赤い三角屋根のすばらしいコントラストに見とれながら・・・。デュンケルスビュールという街で出会ったビールBrauerei Hauf社の「Bayerisch Dunkel」は本当にうまかった。感動モノだった。今まで飲んだなかで一番おいしかった。麦芽の風味がとっても香ばしく、苦味はあまり感じずマイルド。初めて飲んだ味だった。http://www.e-sakaya.com/avon/dangi2_02.htm 

ああ、もう一度、ドイツに行きたいなあ!
市川祐一郎

1/24

[エトセトラ]誕生日

実は今日1/24は、私の誕生日なんです。44歳になりました。
うーん、もうそんな歳になっちゃったのかと、複雑な心境です。
本心はもう歳はとりたくない!気持ちはまだまだ30そこそこ。
中一の娘の友人にも「たまちゃん(娘の名前たまみ・ちびまる子ちゃんの親友のニックネームで、あんなやさしい子になってくれたらいいなあということで命名)のおとうさんて30ちょっと?」と言われているほど、わりかし若作りなんです。4歳年下の家内の方が年上に見られてしまいことが多々あります。

そんなわけで、あんまり若造に見られても、ナメられてしまいますので、私の目標は『貫禄ある若づくり』。がんばります。(なにをがんばるのでしょう?)

さて、ちょっと前にショックなことがありました。別段たいしたことではないのですが、人生ってけっこうあっという間かなと思った次第です。私が44歳で一番下の娘が4歳。その娘が二十歳になったとき、自分はなんと60歳!おおっ!!そんなになっちゃうんだと考え込んでしまいました。ほんと人生はあっという間。一日一日を一生懸命、いや、「今を」大事に過ごしていかなきゃなと思いました。死んでしまったら終わりです。毎日を楽しく、笑いを持って、過ごしていきたいなと思います。市川祐一郎拝

(おまけ)
世の男性諸氏、忘れてはならないものがあります。それは奥さまの誕生日と結婚記念日。この2つのアニバーサリー(Anniversary)で一年分のご機嫌をとりましょう!コツはなるべく”ゴージャス”に。ここがポイントです。年に2回だけなんです。ここは思い切ってパーっといきましょう!その分、よい事がたくさんお返しとなってくるはずですヨ・・。これほんと!


女将(誰だかわかるかなぁ) (2005/01/25 01:24:59)
ゆうちゃん、お誕生日おめでとうございます!(日付回っちゃってごめんなさい。)いつも楽しみに拝見しています。私のブログからもリンクさせていただいてますよ。今日の記事にトラバしておきますね!

幸せのゆうちゃん (2005/01/25 21:40:51)
女将さん、ありがとうございます。わかりますよぉ。ずっと前からリンクしていてくださり、ありがとうございます!元気でやってますよ。お腹は治りましたか?

久保田@宮崎 (2005/01/25 22:28:33)
一日遅れですが誕生日おめでとうございます!確かに市川さんは若い!僕と並んだら絶対僕が年上に見られます。貫禄だけはある久保田でした。

幸せのゆうちゃん (2005/01/26 10:24:34)
久保田さん、ありがとうございます!いつかいっしょに飲みにでも行ったとき、どっちが若く見えるか、皆さん(お店のおねえさん)にでも聞いてみましょうよ?実験実験!

トラックバック

[雑感]友人の誕生日と祖母の命日 (2005/01/25 01:34:40)
-今日はいつもお世話になっている銘酒 市川店主、市川祐一郎さんのお誕生日。もう44歳になられたなんて!・・・ということは、私のちょうど一回り上なんですね。でも、ご本人が書いておられるとおり、全然40半ばには見えない、相変わらずのいい男ぶり。どうぞお身体に気をつけて、今年も旨い酒をよろしくお願いします! -一方、今日は私の母方祖母の命日でもある。お寺さんにも行かなければ母に電話もしなかったけど、思い出すだけは思い出したぞ、という祖母不幸な孫。事情あって、今となってはもう墓参りも叶わぬのだが、祖母との思い出を ...
幸せの酒 (2005/01/27 15:36:19)
・・!・.

1/26

[食]シュウマイの思い出

あれは中学校2年生のお正月。親戚の伯母さん(神奈川県鎌倉市大船)が遊びに来ました。そのお土産は「伯母さんのご当地の名物「シウマイ」。いつも、(盆暮れのお歳暮・お中元で決まったモノをくださる方のように)アテにしているそのシウマイが僕は大好きでした。いつもは2箱持ってきてくれる伯母さんが、今回は3箱も。もううれしくてうれしくて、バクバク2箱食べてしまった。

お正月だけあって、また本家ということで、親戚中が集まっていて、従兄弟達とも大盛り上がり。年に二度、お盆とお正月だけ、夜更かしが許される。

実は次の日は、朝早くから、そのころ入っていた「ボーイスカウト」の雪中訓練に長野県の霧ヶ峰に行くのであった。生まれて初めてのスキーもやるのであった。そんなことも、上の空で遊びほうけていた。

翌朝、早起きして、6時ころ集合だったと思います。電車に揺られ、暖かい(熱いくらい)の座席に何時間も座っているうちに調子が悪くなってしまったのです。ましてや、睡眠不足とシウマイの食べ過ぎがたたり、普段の静岡の暖かさよりは段違いの寒さでしょう。たしかマイナス20度くらいだったと思います。そんな寒さは生まれて初めての経験です。宿に着いたころは風邪をひき、寒気がして、もうダメ。完全にダウンしてしまいました。

たしか「ヒュッテ ジャベル」http://www4.ocn.ne.jp/~javelle という宿に二泊三日でお世話になりました。(あれ!検索したら。ありました!)しかし、その間、私ひとり、部屋でうんうん唸って寝てました。最終日の朝、ようやく起きあがれるようになり、めちゃ寒い外にでたら、青い空からなんといろんな形の雪の結晶(雪印)が降ってきたのです。本当にそういうものを初めて見たので、驚きとうれしさなんでしょうか?体調の悪いのを忘れてしまいました。だいぶ元気になりましたが、まだ帰りの電車が憂鬱です。

ようやく、家に帰ってきたころは、もうぐったり。それ以来、「シウマイ」を見るのも食べるのもイヤになり、二十歳になるくらいまで、食べることができませんでした。という、私の「シウマイ」の苦い思い出でした。何事も「過ぎ」では行けませんネ。「シウマイ」いまはどうですかって?いやー、大好きです! 市川祐一郎拝


久保田@宮崎 (2005/01/28 19:41:50)
シュウマイ。僕も大好き!横浜崎陽軒で決まりです。よく新入社員で横浜にいた時、帰省時に親にせがまれました。「蒲原で売ってるものと同じだろ?」といったら「いや本場の物は違う」と言うことで何箱も。そのうち特選シュウマイとかでてきましたね。独特の醤油入れが懐かしいところで”シウマイ”?”シュウマイ”?

久保田@宮崎(続きです) (2005/01/28 19:43:24)
僕はボーイスカウトまでやらなかったですけど、カブスカウトしてました。蒲原3団です!

幸せのゆうちゃん (2005/01/28 20:18:21)
崎陽軒は「シウマイ」です。流石にうまいよね。あれれ、私も蒲原第3団でしたよ。

久保田@宮崎 (2005/01/28 22:14:45)
確かに崎陽軒のHPみたら”シウマイ”でした。僕はずーっと”シューマイ”だとおもってましたが、どれもYahoo!でヒットしたんで本当の呼び方は何でしょう?崎陽軒にならって”シウマイ”にしましょう。日出町と新栄町ですから市川さんももしかして蒲原第3団かなとは思いました。僕の時の隊長は名前は忘れましたが眼鏡をかけた優しい人でした。

1/28

[野球]父親ソフトボール

お恥ずかしながら、ふだんから運動不足でして、年に一度のスポーツは初夏のころに行われる「父親ソフトボール」の試合のみ。地域の新栄町愛好会というサークル?に入っております。「父親ソフト」と言うくらいですので、メンバーはみな親父さんばかり。試合では30歳台何人/40歳台何人/50歳以上何人とその配分が決まっています。詳しい配分をはっきり覚えていないのですからなんともだらしない。

「町」で勝つと次は「郡」となります。朝から勝つと二試合くらいやるんですが、二試合目の途中からしんどくなってきます。ああ情けな!

30台になったばかりのころは、昔取ったなんとかで http://www.e-sakaya.com/tenshupr/tenshupr.htm(参照)父親ソフトボールの他にも軟式野球なんかの「助っ人」を頼まれたりして、それなりに活躍したんですが、最近では、助っ人どころか「足をひっぱり屋」になってしまっております。ボールを握るのも、バットを持つのも年に一回。そんなんでほんと良くやりますヨ。ほんと。ケガをしないことだけを念頭にいれてプレーをしているのですが、やってるとつい夢中になっやうんですよね。飛び込んだり、スライディングしたり。ああ危ない。

父親ソフトボールの楽しみは、なんと言っても、気持ちの良い汗をかいたあとの爽快感。身体に溜まっていたものがスカッと出るのがたまりません。あともう一つ。地域のおじさん達との「ご苦労さん会」。ここで飲むビールはもう最高に旨いんです。このためにソフトボールをやっているんじゃないかな。また今年もいい汗かこう!今度は足をひっぱらないようにしなくては・・・ 市川祐一郎拝


久保田@宮崎 (2005/01/29 07:19:20)
会社にいた頃、よくソフトボールやりましたけど、野球と同じ感覚でバット振るとタイミング合わないんですよね。期待されながら三振ばっか。まるで俺の人生みたい。

幸せのゆうちゃん (2005/01/30 20:53:31)
野球部現役の高校時代、クラス対抗のソフトボールの試合で、めちゃいいところで代打で登場し、久保田君のように三振したことを思い出しました。トホホの思い出です。
1/30

[エトセトラ]ファーストクラスの思い出

今から14年ほど前、お陰様で結婚し、新婚旅行でハワイに行きました。
その当時の結婚式では花嫁さんのお色直し2回が普通でした。まず、白無垢で皆様をお迎えし、色打ち掛けで入場。途中ウエディングドレスに着替えて、新郎新婦再入場となります(一回目)。そしてそのあと「色のドレス」(二回目)が定番なのでした。じつは私どもの場合、「色のドレス」を家内と話し合い、止めることにしたのです。

まず理由として、着替えてばかりで、当の主役の花嫁さんが会場にいなくなってしまっては、祝辞やお祝いのスピーチをくださる方々になんだか失礼なのではということ。そしてもう一つは、わずか数十分の時間で何十万円もの「色のドレス」は、なんとももったいないのではということで、一生で一回だけの「色のドレス」を着ることに憧れていた家内に我慢してもらったのでした。※ごめんね!ママ。いつか着せてあげるよ。(もう着れないが・・・)

その代わり、これまた一生一回の新婚旅行はパーっと豪華にいこう!ということになり、JALパック(たしかそうだったと思います)のワンランク上のビジネスクラス(全然パーっと豪華ではないですね)で行くことにしたのです。さすがにビジネスクラスは座席も広いし、食事もエコノミーよりいいし、気分よかったです。(それ以後ビジネスクラスには乗ったことがありません。トホホです)

約一週間のハワイ旅行は主にハワイ島に滞在し、その当時のハイアットリージェンシー ワイコロワに泊まっておりました。その楽しい時間はあっという間に過ぎ、帰りの便。神様がすごいプレゼントをくれたのです。なんと帰りはビジネスクラスからファーストクラスになったんです。もううれしかったですねえ。JALパックだったからなんでしょう。

座席は広くて大きいし、座席から出てくるテーブルもエコノミークラスの倍くらい大きかった。なによりびっくりしたのは、食事のとき、生花の一輪挿しが各テーブルごとに置かれたことです。これにはたまげました。流石という感じでした。

ワインを下さいと言うと、一本フルボトルをたった一杯のために空けちゃうんですね。パーサーにこのワインいくらくらいなんですか?とお尋ねしたところ「8000円くらいです。」との答え。ファーストクラスがめちゃくちゃ高い理由がわかりました。それから、お寿司カウンターもあり、至れり尽くせり!ハワイから成田までの約7時間があっというまで、エコノミーでしたらもうこりごりっていう感じなんですが、これだったら一日乗っててもいいかなって思いました。

さすがに機内から房総半島の九十九里浜が見えてきたときには、「ああ現実の世界にかえってきてしまった!」とがっかりしました。それにしても最高の思い出となりました。感謝! 市川祐一郎拝

1/31

[エトセトラ] 悲しいお知らせ

悲しいお知らせがあります。
実は日頃から大変お世話になっております地元・由比町の英君酒造 望月英之介社長が1/28お亡くなりになられ、昨晩1/30のお通夜、そして本日の葬儀に出席してまいりました。まだ67歳の若さとのことです。 http://www.e-sakaya.com/eikun/eikun.htm

ロータリークラブの友人(と言いましても望月社長は大先輩、私は一番の下っ端)で週に一度は会合でお会いするなど、公私にわたっていろいろとお世話になっておりました。先月もお元気そうなお姿でお話させていたばかりなのです。ですので突然の訃報にただただびっくりしております。今でも望月社長の落ち着いたやさしいお声が忘れられません。

これからは専務が社長となって、会社をグイグイと引っ張っていってくださると思います。親父が亡くなったのが私が38歳のとき。専務は41歳ですから大丈夫でしょう!ガンバレ専務。応援しております!新英君酒造様の益々のご発展を心より御祈念させていただきます。合掌。市川祐一郎拝


しうじ (2005/02/03 08:29:37)
合掌。がんばれ望月専務!ふんばれ望月専務!

2/2

[食] CAKE de 羅生門 新発売

すみません。今回は弊社新商品のコマーシャルをさせてください。
じつはこのたび、ない頭をかなり使って開発したパウンドケーキをご紹介させてください。お恥ずかしいのですが冗談抜きに「いいもの」だと思っております。お値段もよいですが、必ずや皆様ご満足いただけるものだと確信しております。<よろしくです!>

このケーキ「CAKE de 羅生門」(ケーク ド ラショウモン)は弊社銘酒市川が企画・開発し、名人パティシエ丹羽ゆかりさんの手によって、その完成を見た、「贅をつくした」ケーキです。\5,880(税込/送料・クール料金別)

世界に認められた幻の銘酒 「龍寿 羅生門」 をなんと1個あたり120ccも使って焼き上げた自慢ではありませんが、それはそれはすばらしいお味です。

特注の重厚な木箱に納まった『CAKE de 羅生門』は、丹羽ゆかりと「龍寿 羅生門」の技と心の結晶といえます。幻の銘酒にたっぷりとひたされ、まさに丹羽ゆかりの真骨頂ともいえるケーキに仕上がりました。「幸せのゆうちゃん」こと店主市川が夢見た贅の限りを尽くしたこのケーキ、ぜひこの機会にぜひぜひ皆様にお召し上がりいただき、ご感想等をいただけましたらうれしく存じます。
 
※「CAKE de 羅生門」は、「羅生門」蔵元・田端酒造様のご了承を得て企画させていただきました。蔵元常務さまからもたくさんのご注文を頂き感謝しております。

【丹羽ゆかりさんからのメッセージ】 
一滴一滴に心を込めて育てられた羅生門とそれぞれの生産者の元で大切に大切に育てられた材料が想像も付かないほど美味しいお菓子に仕上がりました。香・甘味・素材一つ一つの優しさ・・・それぞれがお互いを引き立てあい、まるで今までこの出会いを待っていたかのように・・・
見た目はシンプルですがお召し上がり戴くとわかります・・・
世界に一つしかない「CAKE de 羅生門」の素晴らしいお味。

【店主市川祐一郎より】 
名人丹羽ゆかりの渾身の技によって焼き上げられた絶品パウンドケーキに、天下の銘酒「龍寿 羅生門」をたっぷりと贅沢にしみ込ませ出来上がったこの『CAKE de 羅生門』こそ、まさに日本酒ケーキの王道ではないかと、一口、口にした時、感じました。 「龍寿 羅生門」が醸し出す”きりっとした複雑でかつ馥郁たる美味しさ”と”上品 な甘さ”をどうぞ心ゆくまでお愉しみいただけましたら幸甚でございます。私の大のお気に入りです。
市川祐一郎拝


トラックバック

2月2日 休肝日 (2005/02/03 08:39:00)
去る1月28日、「英君酒造 http://eikun.fc2web.com/」の社長様がお亡くなりになったそうだ。行きつけの酒屋、静岡県蒲原の「銘酒市川 http://www.e-sakaya.com/」店主、ゆうちゃんのブログで知った(同ブログは「お気に入りブログ」に登録してあるのでご参照)。 私は社長ご本人とは面識はないが、ご子息の望月専務が同じ中・高校の後輩なのである。近年、彼のイニシアチヴのもと、めきめきと酒質を向上させ、個性的な商品開発とも相まって、小粒ながらもキラリと光る蔵...
2/5

[エトセトラ] 母の誕生日と節分

2/3は母の71歳の誕生日でした。
母は銘酒市川の梱包を担当してくれており、毎日たくさんの荷物を一つずつ丁寧に愛情を込めて箱詰めしてくれております。また10年ほど前より、仕入れ伝票や売掛けのコンピューター入力もしてくれております。本当に大助かりです。元気で病気ひとつせず、いっしょにかんばっていてくれるので本当に感謝しております。何時までも元気でいてほしいと願っております。

そんなわけで日頃の感謝を込めて、プレゼントを渡し、バースデーケーキでお祝いをしました。母の誕生日は2/3ですのでちょうど「節分の日」なのです。今年は下の娘二人が自分たちで一生懸命作った「かわいい鬼のお面」をかぶり、「鬼は外、福は内」の鬼の役をしてくれました。
市川祐一郎拝


しうじ (2005/02/05 20:25:53)
おばさん、おめでとうございます。

あつみ (2005/02/07 16:20:10)
奥様の大学時代の友人のあつみです。

あつみ (2005/02/07 16:22:05)
すみません。途中で送信してしまって・・・。うちの義母も同じ年同じ誕生日。偶然にびっくりしてます。

幸せのゆうちゃん (2005/02/07 22:14:03)
そうなんですかまゆみちゃん。ご無沙汰です。みな元気です。というか、うるさいくらいです。
2/7

[野球]社会人野球の思い出(その1)

今は去ること19〜22年前のお話。
大学卒業後、好きな野球をやりたくて、社会人野球のチームを持っていた「山は富士、酒は白雪」でおなじみ(今の若い方はご存じ?)の兵庫県は伊丹市に本社がある小西酒造(株)にお世話になりました。小西酒造はそのころ生産量では5本の指に入るくらいの大きな蔵元さまでした。

近隣に工場があり、野球部は西宮工場に全員勤務しておりました。当時部員は監督・コーチも入れて20名弱だったと思います。勤務時間は朝の8時から夕方5時までなのですが、野球部はお昼から、宝塚市にあります専用グランドへ移動し、毎日夕方6〜7時ころまで練習。当時、週休二日が採用され初めてきたころで、小西酒造も確かそうでした。※現在は西宮工場も宝塚にあったグランドもなくなってしまいました。

本来なら土曜日・日曜日とゆっくり休めるところですが野球部はそうはいきません。土日を利用し、オープン戦などがあり、月のうち、ほんとに休めるのはせいぜい1〜2日。当時は若くて体力はバリバリありましたから、たいしたことなかったけど(といいながら、たまの休みは昼まで寝ておりました)けっこうハードだったんです。お給料はみんなと同じでした。確か初任給が額面で125000円。手取りがいろいろ引かれて7〜8万円でした。

住まいは工場のすぐそばにある「白雪寮」という寮に、野球部と剣道部のみんなと住んでおりました。寮費は安かったですね。助かりました。たしか食事代込みでたしか8000円だったと思います。お風呂がおっきっくて深くて気持ちよかったです。暖まりましたねえ。もう一回、あのお風呂に入りたいなあって思います。寮には蔵人さんも酒造りのシーズンにはやってきて、けっこうおじさん達とも仲良くなったりしました。

寮の御飯は食べ放題!だって仕事柄お酒はお米から出来てますんで!
(食べてたお米は酒米だったのかな?)お茶碗ではなくて、どんぶりでした。最低2杯は食べましたね。ですが・・・おかずはいまいちでした・・・(こんなこといってごめんなさい!)ですから、「ふりかけ」や「シーチキン」や「江戸むらさき」なんかをを買ってきたりして、とにかくお腹いっぱいにしておりました。 <続く>
市川祐一郎拝 (画像は寮の部屋で剣道部同期岡田くんと 1986,3,26)


乱ちゃんです。 (2005/05/22 08:06:20)
いっちゃん、元気で頑張っているようですね。誰かわかるかな・・・本当にご無沙汰しております。私から連絡します楽しみに待っててください。

角 (2005/05/23 09:14:08)
初めまして!小西酒造鰍ノ平成9年に入社した者です。別件で検索しておりまして市川さんのページにヒットしました。堀川さんも岡田さんも本当にお世話になっております。岡田さんの若かりしころの写真、白雪HPにアップさせようかと思いましたが、それは岡田さんに嫌がらせされた時の仕返しに取っておきます(笑)
2/9

[野球] 社会人野球の思い出(その2)

その前に、ワールドカップ最終予選、対北朝鮮戦での勝利。おめでとうございます。最後の最後まであきらめない姿勢。今のチームは本当にロスタイムに強い!野球いえば、9回裏の攻撃がいつもサヨナラを生むように映ります。ぜひ次のゲームもがんばれニッポン!!

さて、昭和58年に小西酒造へ入社。野球部の同期入社は6名。私だけ大卒だったのですが、そのなかでも超高校級だったのが物袋(もって)邦広君でした。そのバッティングはすごいのなんの。フリーバッティングでは大半が柵越え。世の中にはすごいのがいるな!とたまげました。入社まもない公式戦ですぐに3番に座り、たしか3試合連続ホームランを打つなど、大活躍でした。

私の本業は内野手で主にショートをやっていたのですが、シートバッティングで物袋君の打つそのショートへくるゴロが、ぶぉーんと音を立ててくるんですよ。そんなの今までの高校・大学野球では経験なかったので、内野手の心構えとして、ボールを怖がってはいけないことになってはいるのですが、実際めちゃ怖かったです。腰引いちゃいましたよ。カントクごめんなさい。当時監督は笠原さんという方がご指導くださっておりました。今でも物袋君とは年賀状のやりとりをしており、当時はとても気が合いました。

入社式の前から(たしか2月くらいから)アルバイトという形ですでに寮に入っていて、仕事して、練習という毎日でした。なかでも特にお世話になったのが当時マネージャーでした堀川佳吾さんでした。良き兄貴と今でも仲良くしていただいております。九州支店長を歴任後、現在は小西酒造の本社勤務をなさっておいでです。

採用テスト(セレクション)の時からずーっとお世話になりっぱなしで、当時ハイハイしていたお嬢さんが今では幼稚園の先生となり活躍しております。堀川さんには結婚式にもご家族できていただきました。一週間に一度は堀川さんのお宅で御飯をよばれておりました。本当にお世話になりました。西日本にはまったく身寄りがなかったので、心強かったです。ありがとうございました。
市川祐一郎拝 (寮の前で1985年の春の写真。向こうに工場の青い煙突が見えます)


久保田@宮崎 (2005/02/10 05:46:49)
野球というかスポーツって良いですね。私は社会人の頃、草野球で知り合った人(現在浜松在住)と今でも年賀状交換してます。その人は大の巨人ファンで中畑さんが大好きでした。市川さんも巨人ファンでしたよね?今度キャンプリポート送ります。今度キャンプで広瀬さんに会ったら声かけてみます。

幸せのゆうちゃん (2005/02/10 21:59:07)
哲朗(広瀬)に会ったら、蒲原に帰ってきたら、遊びに来るようにお伝えください。それと、俺もがんばるからお前もガンバレと。
2/11

[野球] 社会人野球の思い出(その3)

入社し、最初の大会が1984年4月の社会人野球 高砂大会(兵庫県高砂市・高砂球場)だったと思います。
次の大会は私の地元で5月ころに開催された静岡大会でした。確か浜松球場だったかと思います。初めての泊まりでの遠征でした。一回勝てば次の試合まで現地にいられるので、みんな真剣でした。(だって仕事しなくてもいいんですもの)一回戦はどこだったか忘れてしまいましたが、何とか勝ちました。確か次も勝った記憶があります。

三回戦は強豪東京ガスでした。この試合は途中、代打で出場しました。地元ということで、親父が応援に駆けつけてくれておりました。「いっちゃん、行ってこい!」と監督さんに激励され、さあ、打つぞ!とバッターボックスに。初球は直球狙い。きたボールはカーブ。投げた瞬間に当たる!(デッドボール)と思って、腰を引いて逃げたらなんとググッと曲がり、ストライク!前回でも書きましたが、中・高・大学と数多くのピッチャーと対戦してきましたが、こんなキレのいいカーブは初めてで、ビビリました。

カーブが打てないと見るや、後も全部カーブで結局、親父の見ている前で三球三振でした。情けな!相手のピッチャーは確か30歳くらいのベテランピッチャーでした。さすがに社会人のトップレベルはすごいなあと関心して、静岡を後にして帰ってきたのを覚えております。社会人でこれくらいすごいんですから、プロのピッチャーはものすごいんでしょうね。きっと。バッターボックスに入って、150キロのまっすぐや、切れ味冴えるスライダーなんかみたら、もう”おしっこちびって”しまうでしょうね。
市川祐一郎拝


久保田@宮崎 (2005/02/12 21:41:49)
僕は高校時代、後に南海ホークス(現福岡ソフトバンクホークス)にドラフト2位で入った静岡高校の大久保という投手と対戦した事があります。ストレートが手元でググッと伸びてきてっこりゃ打てないなと思いました。やはりプロになる人は違いますね。そういえば広瀬さん(元日ハム)が高3ぐらいの時、蒲中にきてキャッチボールしたんですけどもの凄く肩が良かったのを覚えています。今日本で最高のキャッチャーは古田か城島でしょうが、城島の2塁への送球も凄いですよ!低い球筋でスーッあっというまベース上に到達です。

幸せのゆうちゃん (2005/02/15 20:55:38)
すごいと初めて思ったのは、春のセンバツに出たとき、練習していた星陵の小松辰雄(元中日)選手でした。投げた瞬間、キャチャーミットに入ってたように見えました。今思い出しても、興奮します。
2/15

[食] 友寄正人さんと甲子園の「龍園」

23〜25歳のころのサラリーマン時代(社会人野球選手時代)は少ない給料のほとんどが食費でした。ほぼエンゲル係数100%。寮の食事があるんですが、三日もすれば飽きてしまい、外で食べることになります。本当に関西・私が住んでいた西宮地域は安くて美味しいお店がたくさんあったなあっていまでも思い出します。そのいくつかを思い出しながら紹介させていただきます。

月に一度、給料日になると行ったのが、甲子園の「龍園」。 (台湾料理だそうです。中華とばかり思ってました)。前出の小西酒造野球部マネージャーだった堀川さんに連れて行ってもらったのが最初だったと記憶しております。ここの「手羽の唐揚」はもう最高!でした。ビールにばっちり合います。そのころ野球部の先輩と3人くらいで来て、飲んだビールの瓶を立てた状態でカウンターの端から端まで並べた思い出があります。しかし、泥酔してしまったため、鮮明な記憶はございません。西宮にはアサヒビールの工場がありますので、出来たての新鮮な美味しいビールが飲めるんです。飲んだのは「アサヒ本生の中瓶」です。「本生」って今でもあるのかな?

さて、ここはよく阪神タイガースの選手のみなさんもよく食べに来てました。仲良くなったのが沖縄出身の仲田幸司選手でした。(私のことなどもう覚えていないでしょうね)ピッチャーでマイク仲田と呼ばれてました。紹介は現在セリーグの審判の友寄正人さんでした。たしか、夏の甲子園の高校野球の解説のため、興南高校の比屋根監督が出てくることとなり、「市川君いっしょに食事をしよう!」と友寄さんに誘われ、興南高校の比屋根監督門下生だった仲田選手や渡真利選手(現セリーグ審判員)と会ったのでした。友寄さんも沖縄の出身。

友寄さんとは本当に仲良くしていただきました。ここ数年はお会いしておりませんが年賀状のやりとりはかかしておりません。ほんと、よく食べに・飲みにいきました。なぜか気があってよく誘ってくれました。寮に電話がかかってきて、「市川くん、今日はヒマ?」(友寄さんの結婚式にも行かせていただきました。)
試合が終わるのを待って、食べにいくんです。どんな試合が審判にとって良い試合なんですか?と聞いてみたとこと「それは早く終わる試合だよ」って。そのときは大笑いでした。友寄さんはいまごろはキャンプ地にいるんでしょうね。今年はどこに行ってるのかな?

さてこんな思い出を書いているうちにあの「龍園」の名物「手羽の唐揚」が無性に食べたくなってきてしまいました。ああ!行きたい。いますぐ行きたい。そのころまだちびっ子だった正道くん、正幸くん兄弟は元気かな?よくお店に出てて、いっしょに遊んだっけなあ。今では立派にお父さんの手伝いをしているとか?奥さんにもお世話になりました。みんな元気かな?今度行くからね!いまでも覚えていてくれるかな?
市川祐一郎拝

2/16

[食] 同期の仲間と甲子園の「太幸嘉」

兵庫県西宮市南甲子園に焼肉の「太幸嘉(たこよし)」はあります。
(検索したらありました。今でもあるんだ!)ここ「太幸嘉(たこよし)」が私の焼き肉の原点なのです。ここの骨付きカルビは最高でした。食べ方をこの店で教わりました。

実はここに連れてきてくれたのはお酒の「白雪」でおなじみの小西酒造の寮の同期(同い年)の剣道部の西牧新太郎くんと岡田能行くんでした。野球部には同い年がいなかったので、本当に良き相談相手でした。

入社して一年目の終わりのころ、お互いの誕生日には「太幸嘉(たこよし)」に行って思いっきり焼肉を食べよう!それからスナックにいって歌おうぜ!本人は”ごち”であとのふたりでワリカンだよという決め事をしました。それから私が退職するまでのわずか7〜8回でしたが、本当に誕生日が楽しみでした。岡田、新太郎ありがとう!すごいいい思い出でした。いつかまた行きたいよ!

本当に関西は、大阪は、兵庫県は、西宮は美味しくて安くて、また人間あったかくて、最高に居心地がよかったです。最初はなかなか関西弁になじめませんでしたが、一年もすると地元のみなさんから”へんな関西弁”を使う私を「いっちゃん、いっちゃん」って言っていただき、よくぞあたたかく包み込んでくれたことを、改めて感謝いたします。人情の町、西宮ありがとう!
市川祐一郎拝

2/20

[エトセトラ] 初めてのアイススケート

先週の日曜日2/13、我が町蒲原町教育委員会/体協スケート部主催のスケート教室に家族で参加してきました。バスを仕立ててですので、とても楽です。行き先はグリンパ(旧日本ランド)でした。

指導は我が蒲原町体協スケート部の皆さんがしてくれますので、大安心。小一の娘は国体スピードスケートで6位入賞した若月朋子さんがマンツーマンで教えてくださり、もう最後はスイスイ。子どもって上達が早いなあって家内とびっくりしました。

最後はスケートのゲームもあり、本当にたのしい一日でした。でもさすがに富士山の麓にあるので、寒かったです。そのため、とっておきの「小笹屋竹鶴 宿根雄町 無濾過 純米原酒14BY」の熱燗を魔法瓶に入れて持参し、御飯を食べながら、また休憩時に一杯やりました。本当に旨かったです。また来年も行きたいねとみんなで話しました。
市川祐一郎拝 (画像は一番下の娘と家内、両手を氷に着けて〜)


ともこ (2005/02/25 00:56:04)
二度目まして!(笑)

ともこ (2005/02/25 01:30:24)
改行しようと思ったら間違って送信してしまいました。スケート教室でお会いした朋子です。大学院の方の論文審査がようやく終わり、ホッ一息つく間も無く「4月からどうしよう...」と思いつつ、何気なく蒲原町教育委員会なんて検索してみたら、ここに辿り着きました。しかも、スケートという文字が目に止まったもので。実は、酒屋さんだったんですね!!しかも、お父様も太一くんもスポーツ万能ですばらしいですね。あやねちゃん(あってるかな?)の初滑り、素人の滑りじゃなかったですもの!!びっくりしましたよ。先日のスケート教室は本当に楽しかったです。参加された皆さんにも楽しんでいただけたようで、私も嬉しいです。これから、どんな仕事に就くにしても、こういった形(スケート教室など)で、少しでもスポーツ(スケート)に関わりを持っていけたらいいなぁ。なんて思ってます。また、県内のスケートをアピールすべく、HPの作成にもチャレンジしようかな。なんて思ってます。また、機会がありましたら一緒にスケートしましょう。それでは、突然長々と失礼しました。

幸せのゆうちゃん (2005/02/26 00:59:47)
うわー!若月さん朋子さん。メッセージありがとうございます!

幸せのゆうちゃん (2005/02/26 01:07:27)
私も二度目ましてになってしまいました。いやーうれしいです。ぜひまたご指導よろしくお願いします。朋子さん我がに遊びに来てくださいね!晩ごはんでもいっしょにいかがでしょうか?誘ってイイですか?きっと子ども達もめっちゃ喜びますヨ!文音(あやね)なんか、きっと大喜びするはずで。「ともこねえちゃん」って!喜ぶだろうなあ。実は家内は同じ名前の朋子なんですよ!
2/21

[日本酒]「幸せのお酒の会」(その1)

2/17 私ども銘酒市川主催の第9回「幸せのお酒の会 in Tokyo」を「すえながく」でおなじみの今、大人気のフリー杜氏白澤芳秀様を新宿御苑の「伊豆まさ芯(しん)」にお招きし開催いたしました。

じつは、「すえながく」醸造元の福島県・喜多方市の大和川酒造店様の会長佐藤弥右衛門様がお亡くなりになられ、その社葬に出席するため、2/18早くに東京を出発しなければならなくなり、静岡からでは間に合わないため、前日より東京入りすることになりました。せっかくの機会、だったら日頃からお世話になっております皆様と一杯やれたらいいなあと思い、急遽開催させていただくことになった次第です。ほんと、急でスミマセン!

それにも関わらず、20名もの皆様がお忙しい中、駆けつけてくださいました。本当にありがとうございました。「すえながく」とおいしいお料理を味わいながら、いつものように”ひとり5合”のノルマを淡々とこなし(笑)、和気あいあいと楽しい時間をすごしていただけたようで、私もうれしかったです。すばらしい”良き出会い”がたくさんあった模様です。!主催者として最高でした。あっという間の約三時間でした。

またやりますので、お時間がございましたら市川と一杯やりましょう!
次回は3/16(水)に今回と同じく「伊豆まさ芯(しん)」で第二回「幸せのワインの会」を開催する予定です。<続く>
市川祐一郎拝 (画像はむの字屋 村松比十志様と)


緑泉 (2005/05/04 23:15:30)
幸せのお酒の会なんてあるんですか?入会案内欲しいです。私は、今回初めて喜久酔とすえながくを買わせていただき、試飲用にと取り寄せた純米吟醸にはまりました。おいしい酒って新潟だけじゃないんですね。今回すえながくはギフトにしたので飲んでないけど今度は飲むぞうと思いました。
2/22

[日本酒] 「幸せのお酒の会」(その2)

2/17銘酒市川主催の第9回「幸せのお酒の会 in Tokyo」に参加くださった皆様のご感想をいただきましたのでご紹介させていただきます。

(その1)市川店主サマ先日は大変楽しい会に出席させていただきましてありがとうございました。初参加で緊張いたしておりましたが、不思議なもので、お酒が好きという共通項で皆様とも親しくさせていただきまして、少々飲みすぎてしまいましたが楽しく過ごしました。実は私の目的はナマ店主さまにお目にかかることでした。色々な酒販店さんがいらっしゃる中で、私はやはり市川さんのお店を選ばせていただいてよかったなと思いました。同じ駿河人はやはりいいです!ちなみに私の夫も静岡市内の人間です(関係ないですが)「すえながく」、期待以上においしくて感激しました。一番最初に飲んだ純米大吟醸を口にしたときに「うまい!」と声を出してしまいました。今年のお酒は3月半ばですよね?必ず買いますので!市川さん、白澤さん、本当に人柄のよさが扱っているお酒に現れていると思いました。今後ともよろしくお願いいたします。東京都 岩田様

※岩田様は「英君」の望月社長と高校時代の友人なんだそうで、翌日社長からお電話をいただきました。「うまい!」とおっしゃっていただいたすえながく純米大吟醸「生」は3月後半ころの入荷となりますので、楽しみにお待ち下さいネ。

(その2)「芯」でお会いしたむの字屋(村松)です。「すえながく」、思いがけなくいいお酒を呑ませていただきました。 1600円と踏んだ純米吟醸が1250円(税込1310円)というのにはびっくりしてしまいました。お買い得です。むの字屋村松様

(その3)先日は、有難うございました(お疲れ様でした、翌日大丈夫でしたか?)。大変、楽しく、美味しい機会に参加できて感謝しております。 白澤さんの話題も、料理も抜群でした。御苑のあたりはいろんなお店があるのですが、中々これという機会がないとチャンスがありません。お会いして、とても話が尽きない感じでした。いつでもお声をかけて下さい。私も静岡(いや清水)に足を伸ばすときはご連絡します。きっと、意外な共通の知り合いがいるかもしれません・・・。次回は、ゆっくり飲みましょう。まず御礼まで。(清水の魚で呑みたい・・・興津の干物も)ではまた。埼玉県 島村様

※島村様は私の高校時代(清水東高)の先輩なんです。同級生が「臥龍梅」の鈴木社長。これまたびっくり!ブラバンの部長さんをなされていたとのことで、我々野球部は夏の大会の応援など本当にお世話になりました!

(その4)先日は「すえながく」の会に参加させて頂きありがとうございました。白澤杜氏、市川さまにもお目にかかることができ、また素晴らしいお酒とお料理を堪能させて頂き、ステキな会でした。ますます美味しいお酒をすえながく飲ませて頂きたいと願っております。今後とも宜しくお願いします。東京都 国持様

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★「幸せのお酒の会」の約束事
1.ひとり5合は飲まなければいけない。(うそ)
2.これもご縁なので同じ席になったお隣さん、お向かいさんと友達になること。(これはほんと)
3.次回も参加してくれること。(これもうそ)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ということで皆様方多数のご参加をお待ち申し上げます。
市川祐一郎拝 (画像は先輩島村様と)

2/23

[エトセトラ] 花粉がついに来た!

今日2/23、ついに来て欲しくないお客さんがおいでになった。昨年はおいでにならなかったので、ほんと助かったのですが・・・ククク・・・今からサプリメントで予防しよう(もう遅いかな<泣>)

さて、以前、花粉症対策についてお教え下さいましたことをご紹介させていただきます。ご参考になれば幸いです。
★「慈恵医大花粉症ページ」のURLは下記の通り。
http://www.tky.3web.ne.jp/~imaitoru/ →これは必見!です。
市川祐一郎拝

*【花粉症対策はこのように!】
私は花粉症の専門家ではありまんせが、自分が花粉症の1医師としてコメントしたいと思います。
【某公立病院 花粉症の先生より】

1.花粉症を治してくださると弊社の近くで評判のお医者さんに行き、注射をしていただきました。
→ステロイドという免疫を抑えるくすりの注射の可能性が高いですが、ステロイドは糖尿病を悪化させる、骨粗鬆症をまねく可能性がある、食欲が異常にでる、など強い副作用がでるばあいがあるため、注射を受ける場合は「ステロイドでしょうか?」と医師に尋ねる必要があります。もしステロイドであれば、上記のことを覚悟で注射を受ける必要があります。なお、ステロイドの点鼻薬や点眼薬は上記の全身的な副作用は無いと考えてよいです。

2.私「甜茶エキス」なる薬(健康食品?)も飲んでいるのですが、かなり効くようです。
→効果のある人はありますが、ない人も多いです。漢方の類はひとによって非常に効果が変わるというのが特徴です。少し使ってみて効果があるかどうかをためすことがコツです。3日に飲めば効果があるかどうか分かります。

3.レーザー光線で鼻の粘膜を焼いて治療することが紹介されていました。
→自分の病院でも看護婦さんがこの治療を行い、効果あったとのことですが、治療後3年目の今年は症状が再発しました。粘膜の再生が3−4年でおこるので効果は一次的です。また当然ですが目の症状には効果ありません。また、粘膜の表面の細胞を焼くという治療は、個人的には長期の副作用など心配ですので、最後の手段としたいです。

4アメリカの田舎に駐在し→アメリカの田舎は杉がないので、花粉症の症状はでないと思います。日本でも北海道と沖縄へいけば花粉症はでません。またアメリカ西部から中央部は乾燥しているため、日本に比べダニの数がものすごく少ないです。ダニはアトピー性皮膚炎、喘息などのアレルギーの原因とされていますので、アレルギーの人にはアメリカの田舎はいいと思います。さらに花粉症は花粉のみが原意でなく、大気汚染、特にディーゼル車の出す微粒子が関係していると考えられています。したがって、大気汚染のない田舎では花粉が多くても花粉症の人は少ないとされています。

以上ですが、上記の意見は学会の定見ではありませんので、一医師の意見として受け止めてください。


トラックバック

虹/花粉症/リーダー育成 (2005/02/24 18:02:18)
昨日は春の気配満開だったのに、今日は真冬モード満開。 こういうときに風邪をひくのですね。 週末にかけて花粉が満開になると聞いて、自分がどれだけ花粉アレルギーなのかをチェックしてみようかと思います。 影響無しだったらいいけど、最近アレルギー性鼻炎にもなってない。 この鼻炎の根源が花粉なのかどうか、ここで白黒をはっきりさせたとか思っています。 ▼スローライフに移行する知恵と情報を5分のブログサーフ▼ ■考えない ( blog : DoBlog より) 〆いろいろ考えすぎなのも鬱っぽい。考えないという選択肢もあるんだと。考えないことに不安を感じることもあるだろうけど、考えないとは意識を他に向けるってこと?  ■富士通・部長研修 ( blog : ちょっと寄っただけの この惑星 ( ほし ) で より) 〆後で部長用無しということにならないか心配ですが、そうでもなさそう!?役割とか責任とかいった自覚を育てる、そしてそれが自分のモチベーションアップに繋がるってことでしょうか。そして自分でなにもかもしないというリーダー感覚の育成!?へ〜 ■太陽を中心に円 ( blog : ここは何処だと問われればストレスのハキダメだと言うスレ、もといBlog より) 〆そういったことに気がついて、ちゃんと意識を向けるところが素敵ですよね。自然現象なんてテレビで知ってる!的なシラケタものでなく、ライブを実感してそれと繋がってみる。怒る先生がイケテナイです。 ■★弁護士が気乗りしない事件?★ ( blog : 町弁(まちべん)のひとりごと より) 〆弁護士さんのグチって面白そうですね。実際の争いは両者に非があり、そして両者とも正論であり、そして感情でぶつかっている。そんなことをまとめあげるのは弁護士のテクニックなんでしょうかね。結局相手にダメージを与えなければならないといったイビツな戦争ですから。 ■八代郡鏡町、レンゲが咲いてた...
3/1

帝国ホテルで日本の地酒を楽しむ会

今年で4回目となる日本地酒協同組合 http://www.jizake.or.jp/ 主催の『帝国ホテルで日本の地酒を楽しむ会』に2/27(日)行ってきました。

お上りさんの私にとって「帝国ホテル」と聞いただけで、なんだかソワソワしてしまいました。大学時代4年間東京暮らしをしていたのにもかかわらず、地理には疎く(情けな)、有楽町の交番や地元の方では!と思われる方に行き方を尋ねながらようやく開始10分前になんとか帝国ホテルに到着いたしました。

東京ではまだまだ味わうことのできないであろう北は北海道から南は沖縄までの全国の組合員さんの地酒・焼酎・泡盛と、帝国ホテルのさすがに美味しいお料理を堪能いたしました。一般的なホテルとはひと味もふた味も違うなあと思わず感心いたしました。

また来年もきっと開催されるはずですので、次回は私も宣伝員?としてぜひ協力したいなあと思っております。皆様、来年『帝国ホテルで日本の地酒を楽しむ会』でいっしょに一杯やりませんか?
市川祐一郎拝(真ん中) 
画像左は長野県「白馬錦」薄井朋介社長http://www.e-sakaya.com/tomosuke/tomosuke.htm
画像右は福島県「大和川」佐藤芳伸社長http://www.e-sakaya.com/yamatogawa/yamatogawa.htm

3/3

[日本酒] 純米大吟醸 「月夜風」 CDセット

*近い将来、喜多郎を越えるアーティスト小馬崎達也
2/18大和川酒造店様の会長佐藤弥右衛門様の社葬に出席したとき、お開き後、会場を片付けにかかったそのときに紹介され知り合いましたアーティスト小馬崎達也さん http://www.mt8.ne.jp/pangaea/ に出会いました。わずか2〜3分の短い時間でした。

そのとき、「夜寝る前になんかにホッとする、知らない間に寝てしまえるそんなのがあったらいただけませんか?」という質問に答えていただいたのがこのCD「月夜風」http://www.e-sakaya.com/yamatogawa/cd1.htmです。→から市川のお気に入りのさわりの部分をぜひ試聴していただければと思います。とにかくイイんですよ!お酒ももちろんすばらしいです。詳しい感想は前出のURLにて。
純米大吟醸「月夜風(720ml)」とCDのセット \5,250(税込)/CDのみ \2,500(税込)

それっから毎晩聴いております。ほんとイイんです<くどいですがお許しください>。いま思いっきり小馬崎達也の世界にハマッてしまっておりまして、ぜひ小馬崎さんをお呼びしライブをやっていただければ!と思っております。もちろんお酒を飲みながら!「幸せのお酒の会」の一環として。

皆様教えてください!
そのライブをやる会場なのですが、まだピンときません。どなたか「ここはいいよ!」というところがありましたらお教えいただければありがたいです。欲を言えば交通の便のいいとろのパーティー会場・お店(雰囲気が合えばどんなお店でも可)がありがたいです。ぜひよろしくお願いいたします。
市川祐一郎拝

3/7

[エトセトラ]少年野球の卒団式

3/6(日)息子太一(小五)がお世話になっている少年野球チーム「蒲原ベアーズ」の卒団式がありました。現六年生2名が無事卒団となり、みんなを引っ張っていってくれた彼らをみんなで讃えました。本当にありがとう!中学に行っても、野球も勉強もなんでも一生懸命がんばってください。また時間があったら後輩達を指導に来てくださいね。

それから懇親会。昼間から缶ビールを3〜4本飲んじゃいました。さすがに昼に飲むビールはうまい!こんな時にしか、全員揃わないおとうさんたちですので、懇親会が終わった後も二次会がセットされており、行きつけの「ちゃん源」http://www.satv.co.jp/program/tobikiri/gyoza/gyoza.htm で最高にうまい焼きたて餃子をアテに生ビールで乾杯!

夕方4時から始めて9時くらいまであっという間。話しが尽きないんですよえ。自分のことやら、子どものことなんかで。自分が差し入れで持っていった「八重桜 手づくり」http://www.e-sakaya.com/yaezakura/yaezakura.htm#20901は皆さん絶賛でした。安くて旨いって!気に入ってくれてよかったです。始めていも焼酎を飲んだ方にもウケてましたっけ。うれしいですね。というわけで、おとうさんたちは一日中飲んでいれた、とてもたのしい一日でした。チームが勝利したら祝杯だー!

最後に真面目に、今年も我が子のように思っているちびっ子メンバー全員が、元気に大活躍してくれるのを、しっかり応援し、支えていきたいなと思います。あっそうそう、我が息子太一君。大活躍を期待してますゾ!
市川祐一郎拝


久保田@宮崎 (2005/03/16 19:19:23)
少年野球いいですね。僕の頃はソフトボールだけでしたから羨ましいです。僕は子供が女の子で野球にまったく関係なし。一度でいいから息子とキャッチボールやりたいな〜。ところで太一君。一度しか見た事ありませんが、ヤンキースの松井の子供の頃に似てますね。ここらでバットを将来を見据えて木製のオーダバット作りませんか?http://www.japan-ballpark.com/で注文承ります(今アルバイトしているところです。)
3/8

[日本酒] 富士高砂酒造 内見会に行く

静岡県内では花粉が平年の何十倍も飛散したという今日3/8、富士宮市の高砂酒造さんhttp://www.e-sakaya.com/takasago/takasago.htmの内見会に行って参りました。お酒を飲む(試飲する)ので、電車に揺られてのんびりと。西富士宮駅に何時何分に着きますと前もって連絡をしておいたため、蔵の美人従業員さんが駅まで車でお迎えにきてくれました。わざわざありがとうございました。(陽気もいいので、そのままどこかへいきたくなりました)うそ!ほんと。

内見会会場で17酒を試飲しました。途中、吹上弘芳杜氏もわざわざ顔をだしてくださり記念撮影。(画像)
どれも昨年より旨いなあというのが第一印象でした。特に「山廃純米」は上品な甘みとすっきり感が際立っており、桃源郷を連想してしまう味でした。思わず私が中学の頃に聴いた”さだまさし”の「桃花源」という曲を思い出してしまいました。詳しくは3/10配信予定のメルマガ・または高砂のページhttp://www.e-sakaya.com/takasago/takasago.htmで発売開始予定です。どうぞ楽しみにしていてくださいね。

どれも試飲だというのに美味しいので、はき出さずに、ついつい飲み込んでしまい、また暖かかったせいか、いい気持ちになってしまって帰りの電車の中では、ちょっとの間、熟睡してしまいました。たまには電車もいいもんです。そういえば高校受験が終わったばかりの生徒さんがたくさん電車に乗っておりましたっけ。みんな合格してくれるといいのになあ。
市川祐一郎拝


トラックバック
2月27日 高砂 山廃仕込純米生詰 ひやおろし 四たび (2005/03/08 20:58:41)  
京・紫野「和久傅」のちりめんじゃこをいただき、昨日肴とした。お恥ずかしい話であるが、ここのものは好物なのだが高価で、今年の正月に京都駅の伊勢丹でちりめんを購った時、金をケチって安いものにしてしまった。 しかし、旨くなかった。全く違った。まこと、美味しさが保証されているものに金をケチってはいけないものである。また、似たようなもので済まそうとすると、大体の場合似て非なるものであって、金を失うこととなる。 酒は「高砂 山廃仕込純米生詰 ひやおろし」。開けて四晩目であり、この日に空いた...
3/24

お酒は体調のバロメーター

ご無沙汰となってしまいました。

実は叔父が3/9に急に亡くなり、そのとき私はすでに体調が思わしくなかったのを無理強いをしてしまい葬儀の準備、片づけ、お通夜、葬儀等がんばりすぎてしまったためか、葬儀を終え、帰宅したとたんにダウン。週末から週明けまで熱が40度まで上がり、3/15までの一週間、家で安静にしておりました。横隔膜がピリピリきたり、呼吸が苦しくなったり、とても不安でした。病院に行って、血液・レントゲン・尿などの検査検査したのですが、流行のインフルエンザではなく、何らかの菌が入ってしまったためそうなったとのこと。何の菌なんだったんだろう?

生まれてこのかた、こんなことになったのは初めてでした。
まだ本調子にはなりません。もうちょいでしょうか?お酒がまだあまり飲みたくないんですから、もう少し時間がかかるんでしょうね。本当にお酒が美味しいときは体調が良いときだと断言できますよね。
http://www.e-sakaya.com/takasago/takasago.htm#100502 でもそんなこと書いてます。早く、旨い酒が飲みたいです。つくづく普通の状態=健康がいいなあって思いました。

花粉症もあってなおさら大変なこの状況からいち早く気合いで抜け出したいなと思っております。復帰したらバリバリやりまっせ!!
市川祐一郎拝

<今回の店主お薦めのお酒>
無加圧 太平海15BY 低温熟成 1.8L 3100円(税込)
これは美味しい!です。「低温熟成の本醸造の斗びん取り」。まろやかな大吟醸”と言っても通用するくらいです。http://www.e-sakaya.com/wataribune/wataribune.htm#101301


nomenomu (2005/03/26 23:07:29)
早くよくなって、いつもの元気なゆうちゃんに戻りますように。
3/27

[エトセトラ] 小学校の卒業式

去る3/17 息子と娘が通っている小学校(静岡県庵原郡蒲原町立蒲原東小)の卒業式にPTAの役員(現副会長)という立場から出席させていただきました。凛とした空気が漂う会場で、心も体もたくましく健やかに育った六年生の姿に見とれてしまいました。ここまで立派に育て上げられた保護者の方々お疲れ様でした!卒業生のみなさん、中学へ行っても
なんでも前向きでがんばってくださいネ!

式の最初に歌った国家斉唱。歌いながらなぜか感動し涙が出てきてしまいました。近頃はなかなか歌わない国歌「君が代」。聞くのはオリンピックの表彰式の金メダルの時に聞くくらいで、自分自身もその瞬間選手になりきってしまっており、感激しながらそれを聞いておりました。あとサッカーのワールドカップなどの国際試合の前で、それを聞きます。
「君が代」を聞くとなぜか「日本人だよな。俺は。」と思ってしまうのです。

さて式も最後、卒業生と在校生、先生方が校歌を歌いました。私も歌いました。私もここの卒業生ですので、今でも校歌を歌えるんです。みなさんは母校の校歌歌えますか?私は高校までは歌える自信があります。(笑)「昇る光に海原映えて、朝のサイレン希望に響く。蜜柑の花の咲く山のもと、吹上浜の学舎は麗しき庭、蒲原東」歌いながら、また涙が出てしまいました。涙もろくなったのは年をとった証拠かな?じつは一昨日の「3年B組 金八先生」の最終回でも泣いてしまいました。

ということで
<今回の店主お薦めのお酒>
「すえながく」 純米吟醸 1.8L 2520円/720ML 1310円(税込)
今あるご縁を大切にしたい。皆様とすえながいおつき合いを願って乾杯! 卒業おめでとう! http://www.e-sakaya.com/suenagaku/suenagaku.htm#108001

3/28

[エトセトラ] 講演に行ってきました

先日、東京は東大和市にあります中小企業大学校東京校様の「中小企業の情報化戦略の実際」という事例企業研究の一環として第25期経営後継者コース20名の皆様に講演をさせていただきました。というよりいっしょに勉強をさせていただいたと言うのが本音です。

平均年齢28〜29歳の全国の優秀な企業の跡継ぎさんたちは、みな元気です。銘酒市川は私を含めて6人の超零細企業なのですが、皆さんは14〜160人もの私からすれば大企業の跡継ぎ。弊社でも従業員さんたちの給料から月末の蔵元さんへの支払い等々のやりくりですら大変なのでありますから、皆さん方のお父様(社長さん)はりっぱなだなあって尊敬してしまいます。

私も親父を6年前に突然亡くして、このごろようやく経営者っぽくなってきたのかなあって思えるのですが、ホントに世の経営者・社長さんてけっこうしんどいものなんですね。実際になってみて、よく分かりました。皆様方を尊敬させていただいます。

さて今回の聴講生のみなさんのなかに東北の名門蔵「一ノ蔵」の浅見様、和歌山の同じく銘醸「長久」の中野様がいらっしゃいました。浅見さん、中野さん。いっしょにがんばりましょう!日本酒の将来はあなた方の肩にかかっております!

病み上がりの講演で、最初はなかなか大きな声も出せず、調子がでませんでしたが、途中からはいつもの調子に戻りました。皆さんの元気をもらい、帰りはすごい元気になって帰ってまいりました。ありがとうございました。また、どこかでみんなで会って、一杯やりたいですね!本当にたのしいひとときで私も皆さんから学ぶことが多々ありました。
市川祐一郎拝

4/2

[日本酒] 「酒星の会」に初参加

3/29 東京・銀座、「縁」銀座店で開かれた日本地酒協同組合 http://www.jizake.or.jp/ 主催の第九回「酒星の会」に初参加してまいりました。

今回のタイトルは『熊本の地酒と福島の地酒飲み比べ』ということで、熊本の銘酒「瑞鷹」(ずいよう)と福島の「すえながく」を堪能させていただきました。

瑞鷹は、明治のはじめ“赤酒”と呼ばれるお酒しかなかった熊本で、いち早く清酒造りに着手した蔵元様です。阿蘇山に源を発する清冽な伏流水、農産物に恵まれた温暖な気候と、豊かな自然の中で、肥後もっこすを自称する杜氏が熊本ならではの酒。蔵元吉村謙太郎課長も駆けつけてくださり、約20名の参加者で大いに盛り上がりました。旨かった!今度、その時めちゃくちゃ旨かったお酒を皆様にご紹介すますので、楽しみにしていてください。それから弊社でも扱っております福島の地酒「すえながく」も大評判でしたヨ!あっという間に一升瓶が空になりました。

お料理はこの日のためにわざわざ熊本から取り寄せた特別出品:熊本の馬刺しは、もう最高でした。生まれてこのかた、こんな美味しい「馬刺」は初めていただきました。さすがに甘口の肥後醤油との相性は抜群でした。

私のテーブルで、お向かいに座られたのは現杉並区議会議員の田中朝子さんでした。東京の女性の議員さんを見たのは(いなかっぺですみません)これまた初めてでした。美貌の田中さん。さすが東京だなあってえらく感心しました。この田中さん、すっごいきさくなんです。もうファンになってしまいました。杉並区の方は幸せだなあって思いました。「毎日、ほんとに忙しいんですよぉ」と田中さん。区民の皆さんのために、またご自分のために、どうぞ元気でがんばってください!
静岡の田舎から応援しております。またお会いできますときを今から楽しみにしておりますね。
市川祐一郎拝(画像は田中朝子さんと)

4/7

[エトセトラ] 小学校の入学式

とても暖かく桜も一気に花開いた4/6の大安、長男と次女が通っている小学校(静岡県庵原郡蒲原町立蒲原東小)の入学式に本年度PTA会長(総会での承認後となりますが)という立場でを出席させていただきました。

ということは、当然挨拶をしなければならなく、そんなきちんとした大事な場面で、校長先生をはじめ、町長さんや教育長さんのあとにひとこと言わねばならないプレッシャーを前日の夜あたりからひしひしと感じておりました。

まず子ども達にそして保護者の皆様に、そして先生方に、とお話をさせていただきました。ふだん、講演等を年に数回させていただいており、多少はみんなの前で話しをするのは慣れてはいるので、今回「平気平気」とたかをくくっていたのですが、あいにく講演とは全く違った雰囲気で、けっこう緊張してしまいました。
短い内容でしたが、時間が長く感じました。

長男が6年生でその場におりまして、あとで先生に聞いたのですが、私より長男の方が、「パパ大丈夫かな?」と心配でドキドキしていたようです。クラスの女の子に「太一君(長男)のお父さん、太一君と話し方が似てるー」と言われたそうです。そりゃ子どもですから似ますわな。

さて、ピカピカの元気な新一年生50名の皆さんには「たくさん遊んで、たくさん勉強して、たくさん食べて、たくさん寝てください」と言いました。また保護者の皆様には、お子様の見事な成長に感慨もひとしおでしょう・・・・以下続く」などお話をさせていただきました。

式が終わって、本当にホッとしました。今晩のお酒はふだんより旨かったことをご報告いたします。

ということで
<今回は店主お薦めの焼酎>
かんろ 35度 1.8L \2,230(税込)京屋酒造(宮崎)
http://www.e-sakaya.com/kanro/kanro.htm#203504
※この焼酎、入荷までなんと約4ヶ月もかかったほどの貴重品!
大がめ仕込みによる丁寧な造りで、伝承の業を受け継いだ昔ながらの重厚な味と香りが特長です。まずは常温のストレートで、本来の姿をじっくりとお味見ください。それから、お好みでオンザロック、お湯割等お好きなようにお召し上がりいただければと存じます。この値段は本当に安い!

市川祐一郎拝


しるば (2005/04/15 20:07:04)
先日、我が家でも娘の入学式が無事終わりました。ちょっと遅い入学祝いに「かんろ35度」開けてみたら、思いっきり旨かったです。

幸せのゆうちゃん (2005/04/16 21:43:19)
ご入学本当におめでとうございます

幸せのゆうちゃん (2005/04/16 21:46:57)
かんろ35度がお気に召してくださりうれしいです。ご息女さまもまだまだ慣れず、疲れて帰ってくるのではと思います。どうぞ、やさしく、がんばりを見守ってあげてくださいませ。
4/11

[エトセトラ] 愛知万博に行く!その1

先週の4/3(日)、私が所属しております駿河ロータリークラブの日帰りでの親睦旅行で愛知万博へ行って来ました!。バスで行きましたので、朝からビール飲んで、居眠りして、乗っているだけなので、本当にらくちんです。こういう旅行はバスに限ります。

<東京ディズニーランドに車で行こうものなら、朝早く出発し、会場では子どもたちをおんぶしたり、だっこしたりしながら、アトラクションに何十分も並んで、やっともことでそれを観て、夜それはそれは体力を使い果たし、ドロドロに疲れて、また運転して帰ってくることが何度もあり、もう懲りました。>

朝の7時に静岡を出発し、10時過ぎに長久手会場に到着。北ゲートから入場し、約20分待ちということでけっこうこの時間空いていたので一番目に入ったのが「JR東海超伝導リニア館」。2003年12月に鉄道として世界最速の581qをたたき出した超伝導リニアモーターカーのその時の様子を3D(特殊メガネをつける)で上映されておりました。臨場感溢れる画像で、うおーっという場面もありましたが、全体的に一本調子でもうちょっと何かが欲しかったなあって感じでした。

次にはいったのがお隣にある、三菱未来館。このパビリオンは外壁に、2Lのペットボトルを使ったりしており、環境への配慮がされているようでした。ここは40分待ち。これが上にも書きましたように、ちっちゃな子どものいる家族連れには堪えます。60分待ちが私の限界です。「もしも月がなかったら」というテーマでの映像が足下の床が透明な大スクリーンで映し出されます。うーん・・でも、40分も一時間も待ってこれを観るのか・・。こういう画像はこのごろわりとあるので、あんまりかわり映えがしないというか・・一生懸命作ってくださった関係者の方、こんなこと言ってごめんなさい。

さて、そろそろお昼。お腹が減ってきました。
ちょうどこの日から、手作りのお弁当は場内持ち込みOKということになり、場内のレストランが混んで、入れないという情報がありましたので、家内が朝からお弁当を作ってくれまして、グローバル・ループのベンチでいただきました。実際にいってみると、場内のレストランは空いておりましたヨ。

次に入ったのが、画像のニュージーランド館。館の前には数人の「民族衣装?」を着けた原住民のみなさんがパフォーマンスをしてくれたり、いっしょに写真に入ってくれたり、とても楽しかったです。ここで、万博だなあと思った次第です。私の三女はこの原住民に驚き、泣いて逃げ回っていたことをご報告いたします。<続く>
市川祐一郎拝

4/12

[エトセトラ] 愛知万博に行く!その2

さて、グローバル・コモン6ゾーンの一角にあるニュージーランド館の次は、斜め向かいのオーストラリア館に行きました。入るとすぐに真っ暗になり、なにやら始まりました。いったい何をやっているのかまったく分からないで終わりました。次の次の部屋には大きな「カモノハシ」の人形?があり、うちの下のちびっ子ふたりは、カノモハシの顔からくちばしにかけて滑り台のように、滑って遊んでおりました。

ここのギフトショップではあの「インディージョーンズ」のジョーンズ博士が愛用している、皮の帽子(なんて言うんでしょうか?カウ・ボーイハットって感じでしょうか?)が売っていて、これはイイなと思いました。今回は下見のつもりで来ましたので、次回には買って帰ろうと思っております。買わずにそれを被って、子ども達もいっしょに、ずうずうしく記念撮影をしてしまいました。ごめんなさい。

続いてカンボジア館、タイ館、インドネシア館と周り、お目当ての長久手日本館へ。ところが一時間待ちは集合時間が迫っている中では、ちょっと無理で、今回は残念でしたがあきらめました。次回は観るぞ!
そしてお隣の名古屋市パビリオン 大地の塔へ。うーん。ここも一時間待ちで次回のお楽しみということに。

「こいの池」沿いに歩き、グローバルハウスに。ここも50分待ちなので、あきらめて雰囲気を味わうだけにして、(マンモスは今度観よう!)グローバル・コモン1ゾーンへ移動。ここでは私の大好きな国、スリランカ館がお目当て。途中、小腹が減り、スリランカレストランでしばし、休憩。懐かしいライオンラガー(スリランカビール)を飲み、息子が頼んだカレーを横からちょっとずつもらいながら、約17年くらい前に旅したスリランカを懐かしんでおりました。カレー、さすがにうまい!でも辛い!<続く>
市川祐一郎拝(画像はオーストラリア館のカモノハシの顔で遊ぶ我が娘達)

4/19

[エトセトラ] 愛知万博に行く!その3

バスの集合時間まであと一時間となった。こういうところへ来ると家内を筆頭に我が家では必ずお土産を買わないと気が済まないらしい。バスの駐車場まで相当あるので、その時間をも計算に入れて、家内の頭の中で逆算が始まり、「さあ行くよ!」と公式記念品ショップへ!外から見ると、中の大混雑が分かる。そういうのが大の苦手なので、一番下の娘と荷物番を買って出た。

さあさあ、30分も過ぎたのになかなか出てこない。出てきたのはそれから10分後。お土産を買うのも、パビリオンへ並ぶくらいかかるんですね。大変でした。その間、ボランティアの方に、記念写真を撮っていただきました。ホントに親切で、アットホームでいいなあと思いました。

さあ、あとはバスの駐車場へ、急ぎ足で。これが遠いんです。1キロ位はあるんでしょうね。「北ゲート」の相当先の確か「ふれあいパーキング」というところでしたが、めちゃくちゃ疲れました。立ち続けて、歩き続けて、おじさんにはたまりません!本当にバス旅行でよかった。これから車運転して静岡まで帰らなければいけないなんて考えただけでもゾッとします。それをしないですむのが本当によかった!とつくづく思いましたね。

帰りのバスの中では、ビールを一杯飲んだだけで、熟睡。翌朝。足が痛くて痛くてたまりませんでした。でも楽しい一日でした。期間中また行ければと思っております。<終わり>
市川祐一郎拝
(画像はワンダーホイール展・覧・車、空の青さと建物の青がすごくきれいでした)



買い物カゴの中を見る

特撰限定酒ワインケーキ国産はちみつこだわりの食ギフトご利用案内銘酒市川トップ
Copyright ©銘酒市川 All Rights Reserved.