モンスターカレンダー

« 2006年11月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930

2006年11月アーカイブ

061118_0012.jpg
<小馬崎達也さん> ボジョレーヌーヴォー解禁直後の11/18(土)の宵、桐guitarと久乗編鐘の演奏家・ギタリスト小馬崎達也さんを私の地元、静岡市蒲原のレストラン「GOBLINS(ゴブリン)」さんにお招きして■小馬崎達也とボジョレーヌーヴォー2006を楽しむ会■を行いました。今回の演奏曲目は風待の響 第二章「遠い記憶」?音の中には言葉がある?からの7曲。 小馬崎達也さんHPhttp://www.mt8.ne.jp/pangaea 美味しいボジョレーヌーボーはhttp://www.e-sakaya.com/wine/beaujolais.htm 061118_0018.jpg
<演奏終了後、小馬崎達也さんを囲んで> あらら、一番右はあの臥龍梅http://www.e-sakaya.com/garyubai/garyubai.htmの製造部長の佐野さんだ!小馬崎さんのおとなりがエア・カラン航空 http://www.aircalin.jp/ の現役のフライトアデンタントの夏さん。そのおとなりは松本さん!私のいとこの浅野さん。約一時間のコンサートの後、いつものことながら一人あたり1本換算、心ゆくまで今年のボジョレーヌーヴォーを楽しみました。 061118_0019.jpg
<高校時代からの友人の尾崎くんご夫妻と小林さん(右)> 061118_0011.jpg
<再度アンコール> 途中、アンコールを3曲も!私の大好きな「月夜風」を弾いてくださいました。うれしかった。やっぱ生はいい。そのギターテクニックと曲のすばらしさに、皆さん、うっとり。飛び入り参加のうちの下の二人(小3と年長さん)のチビッコも大喜びでした。手前左、家内にだっこされて聞いている三女(年長さん)。 061118_0020.jpg
<先輩稲葉さん・友人木月くん(前列)、市川、尾崎くん(後列) もう楽しくて楽しくて・・・!20名もの方が来てくださり、大いに盛り上がりましたので、また小馬崎さんにお越しいただき、来年も楽しく愉快にやりたいね!ということに満場一致で決まりました。 061118_0022.jpg
<この久乗編鐘、音を出すのが難しいんです> ものすごいきれいな音色の鐘なんですよ。右から二番目、今回御世話になったゴブリンのママも久乗編鐘にチャレンジしております。 銘酒市川 市川祐一郎 http://www.e-sakaya.com
061103_0092.jpg
<試合の結果は日本2:メジャー選抜3> 日本が終始押されっぱなしのようでした。唯一の収穫はジャイアンツの内海投手がダイ選手の2ランホームランを含めた6回を3点で抑えたことです。メジャーのオールスター相手ですので、これはけっこうがんばったと思います。 061103_0094.jpg
<お立ち台のホワイトソックス ジャーメイン・ダイ外野手> 2ランホームランを打ちました。じつはその瞬間、私は見てなかったんです。 トイレのついでに「フライドチキン買ってきて」と息子に頼まれ、お店に並んでたときに打っちゃったんです。あーああ、残念! 061103_0096.jpg
<帰り際にパチリ> 061103_0100.jpg
<東京ドーム外観 太一くん満足のピース> 最後にとてもたのしい時間でした。野球っていいなあって思いました。 太一、また行こう! 銘酒市川 市川祐一郎 http://www.e-sakaya.com
061103_0080.jpg
<フィリーズ・ハワード内野手> もの凄い威圧感のある構える”前”のピッチャー威嚇?のポーズ。すごい迫力。まだ三年目だとか?今季の大リーグで、最も注目を集めなんと58本塁打、149打点はともに両リーグトップで打率も3割1分3厘。大リーグを代表する強打者である。この2006 日米野球でMVPになった! 061103_0083.jpg
<ご存じツインズ・マウアー捕手> 今年のア・リーグの首位打者。シロウトながらバッティングがやわらかいなあって感じました。 061103_0078.jpg
<今や日本の日本ハムの小笠原選手> この試合もひとり打ちまくっておりました。小笠原選手って声がやさしいんです。家に帰っても、奥さんやお子さんにやさしいパパなのではと思います。 061103_0084.jpg
<ジャイアンツの阿部捕手> 来期は巨人のキャプテン。がんばれ! 061103_0085.jpg
<メッツのライト内野手> 私が大好きな選手です。今季の年俸はなんと6年総額5500万ドル(64億9000万円)。まだ23歳。すごいなあ!そんなにお金もらったって、使い切れないよなー。<続く> 銘酒市川 市川祐一郎 http://www.e-sakaya.com
061103_0056.jpg
<なんと席が三塁側カメラマン席の後ろの一番前> 11/3(祭)に長男太一(中1)と東京ドームで行われた日米野球2006の第一戦を見に行ってきました。将来酒屋(の四代目)ではなく、メジャーリーグ関係の仕事をしたいという息子が「なんとしても行ってみたいんだ!お父さんぜひ連れてって!」という強い要望と、息子とこうやっていっしょに行けるのも今年か来年くらいまでくらいかなと思っていたので、思い切ってチケットの発売日/発売開始時間に申し込みをしました。到着したチケットでは3列となっていたので、まさか一番前の席になるとは思ってもおらず、なんだかうれしかったです。 061104_0053.jpg
<レッズのアローヨ投手> レッズのアローヨ投手です。彼はめちゃかっこいいですよ。でもマウンドの時は鬼の形相、こうも顔つきが変わるものかと思うくらいです。今回アローヨ投手は立派だなと思ったのは、試合開始一時間半も前から、三塁側のエキサイトシートのお客さんがリクエストをしたすべての方にサインをしていたことです。30分以上もサインをしておりました。そんなことしてたのはアローヨ投手だけでした。もうその光景を見たときから、私はアローヨ投手のファンになっておりました。 061103_0063.jpg
<先発エンゼルス・ラッキー投手、ツインズ・マウアー捕手> 向こうにオープニングセレモニーの音楽を演奏してくださった自衛隊の音楽隊の皆さんが見えます。ツインズ・マウアー捕手は今年ジーター(ヤンキース)を振り切り、ア・リーグの捕手で初めての首位打者に輝いた選手なんです。また、地元ミネソタでは、彼の”もみあげ”が人気とのこと。そんなすばらしい選手のプレーを間近に見ることができ、本当に感激した。いま中学で捕手をしている息子に、マウアー捕手の構え方、サインの出し方を「よーく見とけよ」と試合中に言いました。 061103_0060.jpg
<三塁側に勢揃いするアメリカチーム、まさにオールスターゲームを見ているようだ!> 右から(カメラマンの後ろ)、ボウチー監督、メッツ・レイエス内野手、ドジャース・ファーカル内野手、ホワイトソックス/ジャーメイン・ダイ外野手、フィリーズ・ハワード内野手、ブレーブス/アンドルー・ジョーンズ外野手などなど、もの凄い選手たちが・・、それに比べて日本勢はちと情けないメンバー。来年は真のオールジャパンを望みます! 061103_0073.jpg
<安部首相の始球式> 総理を見たことは生まれてから初めてでした。安部総理はすらっと背が大きく 上品な方だなと思いました。日本を頼みますよ安部さん!<続く> 銘酒市川 市川祐一郎 http://www.e-sakaya.com
20061118.gif
■小馬崎達也とボジョレーヌーヴォー2006を楽しむ会のご案内■ ボジョレーヌーヴォー解禁直後の11/18(土)の宵、ギタリスト小馬崎達也さんといっしょにボジョレーヌーヴォー2006を楽しんでみませんか?小馬崎達也さんの公演終了後、食事となります。すばらしい音楽にきっと感激するはずです。小馬崎もたくさんのお客様のご来場を心待ちにしておいでです。店主市川もこの日は大いに楽しみたいと思っております。ボジョレーヌーヴォー2006を浴びるほど飲みましょう!! ★小馬崎達也 (ギタリスト/桐guitar・久乗編鐘/作曲家) 八ヶ岳を間近に臨む清里高原に住み、自然の持つエネルギー感や、世界各地の民族音楽研究の影響を反映した楽曲の創作活動、演奏活動を行っている。今回演奏の風待の響 第二章「遠い記憶」?音の中には言葉がある?は既成のジャンルを超え、日本の音楽と世界各地の音楽の接点を見つけながら世界中を旅して創られた楽曲。それは、懐かしさを感じて忘れかけていた大切な何かを思いださせてくれるような音楽、心の平和や生きる勇気を与えてくれる音楽です。 ●演奏曲目:風待の響 第二章「遠い記憶」?音の中には言葉がある?(予定) 小馬崎 達也HP パンゲア・ミュージック・ファームhttp://www.mt8.ne.jp/pangaea/ 小馬崎さんは2006Europaツアーhttp://www.mt8.ne.jp/pangaea/2006Europa.htm「ブルガリア・イタリアからの風」から先日帰国! 【日時】 11月18日(土) 17時30分開場/18時よりスタート/21時頃閉会予定  【集合場所】 レストラン「GOBLINS(ゴブリン)」 http://www.e-sakaya.com/event/img/gbrn_big.gif 静岡市清水区蒲原5405-1 Tel 0543-88-2908 【料金】7,000円(税込) <ボージョレーヌーヴォー2006と食事付き>公演終了後、食事となります。 ※ご予約受付中です!http://www.e-sakaya.com/event/event.htm 銘酒市川 市川祐一郎 http://www.e-sakaya.com koumazaki_mini.jpeg
starbucks.gif
今回はコマーシャルモードで! 日本のマニアの間でも話題となっていたスタバ社のコーヒーリキュール。 このコーヒーリキュールはカフェイン入り飲料の中にアルコール分が欲しくなる人の 為に、ウィスキーメーカーであるJim Beam社と提携してスタバ社初のアルコール飲料 として、2004年にスターバックス発祥の地・シアトルで発売され、以来大好評を博し ております。スターバックスの店舗ではいっさい販売されておらず、全米スーパーの 酒類コーナーや酒専門店でのみ販売され、業務用としては高級バーなどを中心に 扱われております。 613601N.jpeg
スターバックス コーヒーリキュール Coffee(コーヒー)          750ML \3,500(税込) http://www.e-sakaya.com/starbucks/starbucks.htm 613602N.jpeg
スターバックス コーヒーリキュール Cream(クリーム)          750ML \3,500(税込) http://www.e-sakaya.com/starbucks/starbucks.htm 【販売元】スターバックス社 【製造元】ジンビーム(Jim Beam)社 【アルコール度数】 Coffee 20度/Cream 15度 旅行者のお土産や口コミを通じ、日本のスタバフリークやお酒愛好者の間 でも徐々に知られるようになり、2005年度後半ころからは通信販売などの形で個人 輸入され、飲食店のメニューなどにも登場し始めました。 現在オークションサイトでは、かなりの高値で取引がされているようです。 国内で発売されているコーヒーリキュールには、カルーア、ティア・マリアなどいく つかのブランドがあります。中でもゴディバ・リキュールやベイリーズ・アイリッ シュクリームは、世界的にもよく知られているブランドのひとつです。 主にウォッカベースのカクテルに用いられたり、オンザロックスなどで飲用されて きましたが、決してメジャーな飲み物ではありませんでした。 この「スターバックス コーヒーリキュール」は、日本国内で629 店(2006年9月現 在)を展開する“スターバックス”の圧倒的なブランド・イメージに加え、同種商品 と比較して際立った特徴を持つテーストを武器に、これまでのコーヒーリキュールの カテゴリーを超え、より幅広いユーザーを獲得し、新しい飲用シーンを切り開いて いくものと期待されます。 スターバックス社とジンビーム社による合同記者会見資料によると、スターバックス の顧客の50%近くが、既に全国平均の9倍以上ものコーヒーリキュールを消費して いるそうで、「スターバックスコーヒーを愛している人は皆、この製品を欲しがって いる」と言う事実(裏付け)を確かめることが出来たうえでの発売だったそうだ! 【店主市川の感想】 まずはボトルのめちゃカッコ良さにびっくりするのではないでしょうか? Coffeeは黒の、Creamは白のスタバのマークが入った超カッコいいボトル! お部屋のインテリアやお店のちょとしたデイスプレーなどにピッタリだと思いまし た。さすが、スタバ、本当にセンスがいい!! ボトルを開けると香ばしく、そして深く、濃いコーヒーの香りが広がります。 本場米国の文化をフッと感じてしまう瞬間です。その香りに包まれながら、凝縮した コーヒーの芳醇で濃厚な味わいを楽しむことができます。 最初に「カルーアミルク」のように牛乳(ミルク)に入れて飲んでみましたが、 まあ?美味しい!甘く、ほろ苦く、濃く、実に美味しかったです。 「カルーア」よりもはるかにレベルの違うのが分かります。 このスタバ コーヒーリキュールは、本当にすごいです。 ボトルごと、冷蔵庫で冷やしておいて、カクテルグラスに注ぎ、ちびちびなめるよう に味わうのも乙なもの。また良質な氷を浮かべてオンザロックもイカしてます! また寒いときには、熱?いホットで!たっぷりとカップに入ったミルクに、このスタ バコーヒーリキュールを入れますと、アルコールも入っておりますので(笑)、非常に 温まります。冬場のアウトドアに持っていたれたらかなり重宝するのではないかと 思います。 とにかく、気分転換やリラックス、そのひとときを楽しむために、普段飲むコーヒー と同じように、このスタバ コーヒーリキュールで、くつろいでいただければよろしい と思いました。さすがにいい商品を創ります。脱帽です! ★注意★アルコールが入っておりますので、くれぐれもお気を付けくださいね。       飲んだら絶対運転しない! 【商品の特長】 ●「Coffee」(コーヒー) スターバックスのコーヒーのみを使用。 カルーアなど他のコーヒーリキュールに比べ、 1.コーヒーの香りが高い 2.コーヒーの甘み・コクが強い 3.スピリッツ臭がしない 4.ミルクなどで割っても負けない・・・など、味・香りともに個性ある仕上がりと なっています。 ●「Cream」(クリーム) Coffeeベースにクリームを加えアルコール度数も抑えた「Cream」は、濃厚かつ マイルドなテーストとなっています。 【ボトルデザイン】 パッケージ シェーカーをイメージして作られたボトルは、2005年度全米のボトルデ ザイン賞を受賞。世界各国のスタイリッシュなボトルが取り上げられている、日本 ガラスびん協会のホームページでも紹介されています。 【製造元について】 製造はスターバックス社とバーボンでおなじみのJim Beam 社との提携。 スターバックス社は1971年アメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業。 1986年に、エスプレッソをメインとしたテイクアウト&歩き飲みが可能なスタイル (シアトルスタイル)でのドリンク販売を初め、その後のシアトルスタイルカフェ・ ブームの火付け役となった。日本には1996年に第一号店を出店。2005年現在、 世界30カ国に展開しており、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店。 Jim Beam 社がライセンス契約の下、米国で発売。 銘酒市川が独自ルートによって、いち早く、国内での販売が実現しました。 ■ご用命は銘酒市川 http://www.e-sakaya.com/starbucks/starbucks.htm
061103_0053.jpg
<電動らくらくバリカンで坊主頭にする市川> 息子(中一)が中学入学してしばらく経ったころから、息子の頭を刈っております。きっかけは、だらしない試合をしていた本人と野球部に頭を丸めて気合いを入れ直せという意味で始めました。 じつは私も同じ頃に、父に頭を刈ってもらっておりました。父がしてくれたことを、今度は息子にしてあげたくて(したくて)そうしております。 父の思い出ですが、ホントの床屋さんみたく、一式揃えてきて、バリカンもプロ仕立てのを使っていたように記憶しております。床の間で、新聞紙を敷いて、月に一回くらい、頭をやってもらっておりました。父はだんだんと上達していくにつれて、私だけでは物足りなくなってきたようで、同級生や野球部の後輩の頭を刈るようになりました。思い出すとほんと、心が和みます。なつかしいなあ! 061102_0055.jpg
<機械がいいので、床屋さん顔負けの腕前?> 私達が中学のころは全員強制的に坊主頭だったのですが、今の蒲原中はけっしてそんなことはありませんのでご安心ください。 息子の太一くん、最初はいやがったのですが、いざ坊主にしてみると、似合うんです。本人も気に入ったらしく、また学校での評判もよかったらしく、何度か家庭床屋さんをしております。場所はお風呂です。女性の方は分からないかもしれませんが、坊主頭は楽なんです。アタマもシャカシャカって洗えばすぐ終わりだし、すぐ乾く。ヘアースタイルを気にすることもないしラクラク! 私も中学・高校(野球部)と六年間坊主でした。 銘酒市川 市川祐一郎 http://www.e-sakaya.com

MTBlog50c3BetaInner

最近のコメント

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.04