モンスターカレンダー

« 2008年4月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930

2008年4月アーカイブ

4/20(日)清庵地区中学野球、春季大会があり、一回戦、清水飯田中に1-5で負けてしまいました。

清水飯田中 4000100 5
蒲原中    0001000 1

ヒット数はこちらが5本、相手が3本と相手を上回っているのですが、先頭バッターデッドボール、セーフティバント、スクイズ、ツーランスクイズなどで、初回にかき回されてヒット1本でなんだかわかんないうちに4点を献上。先頭バッターのデッドボールはまっすぐ2つ、振り遅れでツーストライクノーボールと追い込んでいるにもかかわらず、次のボールをカーブ?かスライダーを投げて、それがワンバンでバッターに当たるという考えられないもの。ほんと中学野球は何が起こるかわかりません。ちょっと目を離しているすきに、とんでもないことが起きていたりします。ちなみにわがピッチャーのリョウヘイはサウスポーです。

さて、我が蒲原中、途中タイチの久しぶりに見たすばらしい当たりのライナーでのレフトオーバーの三塁打(もう少しバットの上に当たっていたら両翼100Mのフェンスをこえたかも)、とマコトのライトゴロで1点返したのですが、そこまで。相手は清水でもナンバーワンの右腕。彼から5本打ったのは収穫でしたが、バッテリー・サードを含めたバント守備と攻撃面でのバントの重要性をこの試合で再認識しました。バントの重要性は分かってはいましたが、まだまだ考えが甘かったです。よーし、今日から徹底的に練習だ。ここを鍛え上げて、6/8にもう一度飯田中と練習試合で対戦するので、今度はリベンジしたいです!

<この試合の教訓>
私を含めてまだまだ考えが甘い。そんなに簡単に勝たせてはくれない。

市川祐一郎 http://www.e-sakaya.com/

4/12(土)興津中グランドで、清水5中と興津中との練習試合がありました。

蒲原中  0000001  1
清水5中 0000002× 2

7回表二死二塁からライト前で先制。しかしピッチャー リョウヘイが先頭バッターを簡単にフォアで出してしまういつもの悪いクセが出た。打ってもらえばいいんです。ヒットなんか10回に一回くらいしか打てないんですよ。次のバッターにはバントで送らせないという意志は見えていたんですが、2-0からセカンド前に大きくはねる軟式独特のゴロを打たれ、セカンドのフルシュンも思い切り突っ込めず内野安打に。思い切って勝負かけなきゃ。その後バントで送られ、一死二・三塁。次のバッターも2-0と追い込みながら、ライトオーバーを打たれ、サヨナラ負け。なかなか簡単には勝たしてはくれません。絶対”気持ち”だと思います。全員が「こい!」っていう気迫が絶対要るんです。バッテリー。特にしっかりしような!今度再び対戦する6月にはこの悔しさをバネに必ず雪辱するぞ!(イレこんでいるのは監督だけなのかな?そうだったら淋しいなあ)

蒲原中  00000  0
興津中  1006×  7 5回コールド

初回、先頭ヒット後、ピッチャー前のバントをピッチャー ユウリがファンブル。続くバッターがイイ当たりの左中間の飛球をミナトがしっかり追いついて(練習通り)捕ったと思ったら、グラブから落ちて大エラー。ランナー二人がスタートを切っていたので、もし(はないのですが)捕っていたら、トリプルプレーになっていた。1点入ってなおも無死二・三塁となったがなんとか抑えた。
打つ方はまったく元気なし。四番キャプテンのタイチも全然だめ!サードのハルミも声が全くなく、その後、その元気なさと覇気のなさ、弱気の雰囲気を相手に感じられて、サードにバンド攻撃。すべてヒットにしてしまい、エラー、ポテンなどもう相手を止められず、コールド負け。
興津から蒲原まで走って帰らせたいと真剣に思いましたが、中学生ゆえそれな出来ず・・・。
キャプテン、元気出させてよ!みんなも声を出そうよ。4/19からは春季大会が始まるんだよ。

市川祐一郎 http://www.e-sakaya.com

20080410_0029.jpg

<富士山をバックに 主将キャッチャー市川太一、エース小川凌平>
久々のブログです。
これが我が母校、そうです私が今現在、野球部の監督をさせていただいております蒲原中学です。りっぱなグランドでしょう!私も中学の時は主将で、同じグランドで練習をしておりました。

この日4/5(土)は富士宮市の上野中と富士川町の富士川二中と対戦しました。
上野中戦は初回連打で3点先制し、途中2点を失うも3-2で逃げ切り勝利!
富士川二中戦も初回、5連打!(奇跡か?)で4点を先制し、その後犠牲フライで1点を追加し、5-0で勝ちました。

3/20からの春休みのほとんどを午後1?5時近くまで毎日、バッティング練習に注ぎ込んだ成果が徐々に顕れ始めたようです。監督就任後の昨年4月からは、まずは第一段階としてピッチャーを中心とした守備力の強化を目標としてきましたが、守備ではそこそこの線まで来ることができましたので、土台は固まったと判断し、そこから後は打力の向上だけだと思っております。部員20名全員が一人5分間の特打ちを毎日行いました。また新チームになってから欠かさずに行ってきた2500M/1500Mランニング(タイム計測し、記録していきます)と腕立て、腹筋、背筋を各50回、側筋を30回、股割50?100回の成果も出始めて来ているのではと思います。やはり基礎体力は必須です。

それからピッチャー陣はほんとに成長してきております。ここ10試合で失点が7点。打力が良くなってきたらますます楽にやれるのではと思います。バッテリーがやってきた春休みの50Mインターバル20本(10本は8.5秒、5本は8.0秒、3本は7.8秒、2本は7.5秒)は大変だったかもしれませんが、きっと成果がでてるはずです。それは絶対負けないぞ!、こいつには絶対打たれないぞ!という精神的強さが育まれてくるでしょう。しっかりした練習は決して結果を裏切らないと確信しました。

市川祐一郎 http://www.e-sakaya.com/

MTBlog50c3BetaInner

最近のコメント

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.04