モンスターカレンダー

« 2010年5月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2010年5月アーカイブ

清水東ハンドボール3.jpg

<清水東ハンドボール部旗>

5/29(土)インターハイハンドボール静岡県大会の準決勝が静岡北部体育館にて行われました。前日5/28(金)のPTA総会にて、自分がPTA会長という大役を仰せつかることになりました。ですので会長としての初仕事が本校ハンドボール部の応援でした。ハンドボールの試合を直に見るのは初めて。鈴木校長先生と中島前会長(現顧問)と応援させていただきました。準々決勝は浜松湖東に21-16で勝利し、準決勝の対戦相手は御殿場。準々決勝の勢いで行っちゃえ!と思いましたが、前半は11-15でリードを許してしまいました。後半必ずやなんとかしてくれると願い、応援をさせていただきましたが、残念ながら22-31で無念の準決勝敗退。悔しかった!本当に悔しかった。下級生のみなさん、この借りをぜひ来年返してください。私をインターハイに連れってください。お願いします!


清水東ハンドボール1jpg.jpg

<清水東の守り>

白いユニフォームが清水東高です。


清水東ハンドボール2.jpg

<清水東の攻撃>


清水東ハンドボール応援団.jpg

<一生懸命の応援!>

幸せの酒 銘酒市川 店主市川祐一郎
父の日は銘酒市川にお任せください!6/20(日)は「父の日」。お父さんの喜ぶ顔が見たい!親孝行がしたい!お父さんが泣いて喜ぶ銘酒と焼酎をメッセージを添えて贈ってみませんか?

ほんちゃん落語2.jpg

<「寿限無」を演ずる銘酒市川スタッフぽんちゃん」

懐かしの画像です。これは2008年9月に行われた第二回蒲原東小学校通学合宿でのひとコマです。
『しまり家ぽん瀬』こと通称”ぽんちゃん”原ひろき君はなんと駒沢大の落研出身。
彼は自分の休みを利用し、老人施設などを慰問し、得意の落語で皆さんを和ましているんです。
本当にえらいなあって思います。また銘酒市川の頭脳として本当にがんばっております。
感謝!ぜひみなさま応援のほどよろしくお願いします!


ぽんちゃん落語1.jpg


2008年9月通学合宿jpg.jpg

<蒲原東小学校2008年9月通学合宿の晩ご飯>

これまたなつかしい画像です。コロッケを食べていますね。今から二年前になるんですね。うちも次女(当時小5)が参加しました!
地域のみんなでこの通学合宿を運営しました。私も二年連続運営スタッフとして参加し、宿泊もしました。

幸せの酒 銘酒市川 店主市川祐一郎
シュナンブラン バイ ラヴェニール 2007【白】★ラヴェニール(ラロシュ南アフリカ) 『シャブリの名門フランスのラロッシュが南アフリカで造るワイン』

清水東×庵原.jpg

<清水東×庵原>

5/22(土)庵原高グランドにて庵原高、吉田高両校との練習試合に行ってきました。庵原高は私の地元・蒲原にあります。ですので私の知っておりますご父兄・OB・関係者の方々が大勢いて楽しかったです。懐かしかったです。また庵原高には蒲原中監督時代の教え子・古郡 駿選手(2年)もいて、久しぶりに話す機会がありました。元気にがんばっていてうれしかったです。


キャプテン・齋藤龍一 2塁手.jpg

<ファイター キャプテン・齋藤龍一 2塁手>

チームをガッツで引っ張るキャプテン・齋藤選手。昨年からレギュラーとして残っている唯一の選手です。スライダー打ちの天才で、一発の長打力も彼の魅力です。ナインの信頼厚い、熱く燃えるファイター。乗せたら超オソロシイ存在となります。


サード橋本(2年)、ショート畑(3年).jpg

<ショート畑(3年)、サード橋本(2年)>


畑遊撃手(3年).jpg

<名手・畑勇気遊撃手(3年)>

走攻守に渡り、元気に駆け回る、これぞ”高校野球の申し子”といった畑選手。特にその守備は特に左右のフットワークがすばらしく堅実。足で捕って、足で投げるという基本に忠実です。捕球時の低い姿勢には安心感があります。下級生は身近にいるこの先輩の動き、グラブさばきをじっくりみて参考にしてください。どんなプレーも一生懸命やる彼の姿勢に私は声援を送ります。


橋本尚佳内野手(2年).jpg

<橋本尚佳内野手(2年)>

腰が柔らかく、巻きつくようなバッティングが売り物。内外野、ピッチャーまでこなせる万能選手です。内野のリーダーとして育ってほしいです。


清水東OB 吉田誠 主審.jpg

<清水東OB 吉田誠 主審>

ちなみに、この試合、主審をしてくださったのは私のひとつ上で甲子園メンバーの吉田誠(旧姓滝田)さん。吉田さんはセンターで二番。野球をよく知っている、またよく考えていたすばらしい先輩でした。川崎拓真選手(2年)のお父さん川崎一二三先輩の同級生です。吉田さんお疲れ様でした!

幸せの酒 銘酒市川 店主市川祐一郎
渡舟 平成二十一酒造年度 純米大吟醸 斗瓶取り 原酒(生詰)このお酒をいただけることは蔵元が心底 信頼・信用してくださった証・・・?酒屋にとっては勲章のようなお酒!

武蔵大学静岡支部会 集合写真.jpg

<武蔵大学静岡支部会集合写真>

3月13日(土)静岡グランドホテル中島屋におきまして38名<静岡市支部卒業生701名(1/15現在)>の同窓生が集まり、武蔵大学静岡支部総会&同窓会が行われました。平成20年12月13日以来となる総会ならびに懇親会でありました。今回、幹事を務めさせていただきました。(さて問題です。私はどこに写っているでしょうか?)


村上 静岡支部会長.jpg

<村上静岡支部会長ご挨拶>

今回は同窓会本部から井上隆裕同窓会副会長、志方正和理事を迎えて開催されました。
村上光廣静岡支部会長(13E)のご挨拶に始まり、本当にたのしいひと時を諸先輩・後輩の皆さんと共有することができました。


武蔵大学 井上同窓会副会長.jpg

<武蔵大学 井上同窓会副会長>

井上隆裕同窓会副会長による大学の近況報告をいただきました。「ゼミの武蔵」その名が全国に広まり、受験生が年々増加、偏差値も60以上と難関校になっているとのこと。卒業生としてはとてもうれしいことです。


総会の様子.jpg

<総会の様子>


森 静岡支部副会長.jpg

<森 静岡支部副会長ご挨拶>


さて17時より始まった懇親会は森孝文静岡副支部長(15E)の挨拶、植田友通大先輩(3E)の乾杯の音頭で幕を開け、2次会共々大いに盛り上がり、気が付いたらなんと22時半!時を忘れて楽しい時間を過ごさせていただきました。今後もこのようなアットホームな雰囲気で、これからも続けて行きたいと思いました。


名司会の櫻田先輩.jpg

<名司会の櫻田先輩>


歓談する諸先輩.jpg

<和やかにご歓談>


高橋さんと内田さん.jpg

<野球部の先輩高橋さんと静岡銀行伝馬長支店長の内田先輩>


先輩方.jpg

<昔話に花が咲きます>


若手のみなさん.jpg

<これからの静岡支部を担う若手のみなさん>

静岡支部としての今回の収穫は、「また来てくださる」とおっしゃってくださった初参加の先輩方がいらしたこと。また、支部内で若手のネットワークができつつある中、さらに若い力が新たに加わってくれたことです。そしてなんといってもメンバーみんなの団結力と”武蔵愛”を確信できたことです。本当に「さすが武蔵」だなとを感じた同窓会でした。

自分自身、今回とても楽しかったです。幹事を拝命し、なによりの”ごちそう”は皆さんからの「出席」のお葉書でした。人を集める大変さ、また来てくださることの有り難さを実感できました。とても勉強になりました。無事終えることが出来ましたのも、アドバイスをくださったり、励ましてくださった先輩方や、準備会より協力してくれた若手のみなさまのおかげだと思っております。心より感謝申し上げます。

あと最年少の森雄治さん。ひょんなことから運営に巻き込んでしまいましたが、本当によくやってくれましたね。ありがとう!森くん。

このあと二次会は加藤重樹静岡銀行浜松南支店長が上手にやってくださいました。また司会と今回より会計幹事を引き受けてくれた清水東高野球部後輩の村山栄之静岡銀行瀬名支店長もがんばってくれました。うれしかったです。ありがとうございました。

報告者: 静岡支部 市川祐一郎、31回経営(硬式野球部)
画像協力: 森 雄治
武蔵大学同窓会しらきじWEBに掲載されました。こちらより!

ロータリーメンバーと主審.jpg

<ロータリーメンバーと審判さん>

左より、杉浦幹事(イワシの削り節のエイシンフーズさん)、佐藤前会長、田辺会長、坂本副会長、主審、佐藤昇プログラム委員長(蒲原ベアーズ監督)。

5/8(土)私が所属しております駿河ロータリークラブ主催の第3回中学野球大会が蒲原中学校グランドで開催されました。今年もすばらしい天気に恵まれました。一昨年、昨年に続きロータリークラブ新世代委員会委員長を拝命いたしており、この大会を担当させていただきました。6?7月にかけて行われる中体連の前哨戦という意味合いを持った大事な大会です。


選手宣誓.jpg

<選手宣誓>

一番クジを引いた蒲原中主将:望月将人選手。
すばらしい選手宣誓でした。


第一試合.jpg

<第一試合 由比中×蒲原中>


優勝した蒲原中のメンバーと.jpg

<優勝した蒲原中のメンバーと。一番右が私です。>

今年、優勝旗を作りました!優勝旗があるとやっぱりいいですね!
蒲原中の三年生と二年生は昨年の中体連まで指導させていただいた教え子たちなのですので、私もこの優勝はうれしかったです。

【試合結果】
一回戦第一試合 由比中 0×5 蒲原中
一回戦第二試合 富士川一中 3×1 富士川二中
三位決定戦    由比中 1×7 富士川二中
優勝決定戦    蒲原中 4×1 富士川一中

第一回大会優勝が由比中。第二回が富士川二中。第三回が蒲原中。そうなると来年の第四回の優勝は富士川一中かな?

幸せの酒 銘酒市川 店主市川祐一郎
太平海 「純米吟醸40日もろみ」生詰 ?蔵の低温冷蔵庫でじっくりと醸されたロングセラー商品?

清水東×甲府城西.jpg

<清水東高×甲府城西高>

5/9(日)は5/4(火)の山梨の甲府に引き続きレンチャンでまたまた山梨の南アルプス市にあります富士電機のグランドにてにて甲府城西高とダブルヘッダーの2試合。
甲府城西高はきびきびとしたとてもすばらしいチームでした。
徹底したおっつけバッティングとコンパクトでシャープなスイングには目を引きつけられました。


黒松選手(3年)jpg.jpg

<黒松選手(3年)>

センターを任されているクロマティーこと黒松選手は走攻守に優れたすばらしい選手です。ちょっとテレ屋さんかな?(笑) 左右に打ち分けられるその技術とパンチ力には定評があります。特に引っ張った打球は飛距離が出ます。この日対戦した相手投手は外角低めにスライダーとまっすぐのコントロールがピカイチで高校生というよりも大学生・社会人野球の選手のような雰囲気でした。あれだけのコースに決められたら、さすがに我が黒松選手もお手上げです。画像で見ると、敢えてクローズで構えており、攻略法を自ら考えておりますが(ここがクレバーなところ!)あまりにも相手が良すぎました。(脱帽) 


川崎選手(2年).jpg

<川崎選手(2年)>

バントの名手です。一塁側のバントはお手本です。彼には粘り強さがあります。粘って粘ってフォアボールで出るスタイル。相手にとってイヤな存在です。彼のお父さんは清水東高野球部で私のひとつ先輩で、甲子園に出場したときの一塁手でした。シェアな打撃の名選手でした。お父さんを超えろ!


市川選手.jpg

<市川選手(2年)>

少しずつ感じがよくなってきていますね。後は腰のキレです。


清水東ベンチ.jpg

<八木監督を中心とした清水東ベンチ>

元気があって本当にうれしいです。八木監督がいいプレーをしたときに選手をほめたり、励ますのを見ているだけでジーンときてしまいます。本当にうれしくありがたいなあって思います。


幸せの酒 銘酒市川 店主市川祐一郎
★■九州・鹿児島産 「山ざくら はちみつ」 1kg瓶入 \4,200(税込) ■100本限定■ ★消費税サービス&超大特価提供★

対甲府工業高.jpg

<甲府工業市高×清水東高>

掛川遠征の翌5/4(火)は山梨県甲府工グランドにてダブルヘッダーの2試合。
この試合はセンター後方より見学しました。帰ってから「今日は残念だったなあ」と言うと「エ?来てたの!?」愚息は私が見に行っていることを知りませんでした。

幸せの酒 銘酒市川 店主市川祐一郎
父の日銘酒市川にお任せください!

四日市高×清水東高.jpg

<四日市高×清水東高>

GW真っ只中の5/3(月)掛川西高グランドにて四日市高、掛川西両校との練習試合に行ってきました。掛川西高グランドへは私が現役のときに遠征で来た以来33年ぶりでした。懐かしかったです。


繁竹投手(2年).jpg

<対四日市高戦 先発・繁竹投手(2年)>


応援の2年生のお母さん方.jpg

<応援の2年生のお母さん方>


応援の3年生のご父兄.jpg

<応援の3年生のご父兄>


松永康平選手の兄・修平くん.jpg

<松永康平選手の兄・修平くん>

ただいま福島大の柔道部。高校時代は野球部。GWで里帰り。わざわざ応援に来てくれました。


掛川城をバックに望月投手(3年).jpg

<掛川城をバック好投する望月投手(3年)>

二試合目の掛川西戦はエース望月投手。7回まで0-0。すばらしい投球でした。8回エラーで乱れ、2点を失い0-2で敗れはしましたが、最高のボールのキレでした。県で三位。三島高の不祥事で繰り上がり、東海4県の切符を手にした掛川西高を相手に天晴れでした。あとは打線のがんばりですね。


的場選手(3年).jpg

<サードに初めてスタメンで入った的場選手(3年)>

少し前に腰を痛めて欠場していましたがさすがの働きを随所に見せてくれます。粘りとバットコントロールが非常に良い選手です。本来はピッチャー。


掛西 あたたかい声援を.jpg

<掛西 あたたかい声援を・・・>

さすが伝統校です。バックネット裏に、見習うことがありました!

幸せの酒 銘酒市川 店主市川祐一郎
父の日銘酒市川にお任せください!

小林社長ご来蒲.jpg

<にこやかな小林社長>

4/27(火)、山口・岩国市より「雁木」「錦乃誉」でおなじみで、私が大好きな社長、そう八百新酒造・小林久茂社長が3年ぶりにご来店くださいました。前回の様子はこちらこちらより。懇親会の会場はいつもお世話になっております『よし川』さんで。


絶品牛スジの煮込み.jpg

<絶品牛スジの煮込み>

いやー、この牛スジの煮込みは美味しかった。雁木の純米吟醸無ろ過原酒とバッチグー!!


地元産のお造り.jpg

<地元産のお造り>

桜えびの生、倉沢の鯵、あとはえーっと。
雁木 ひとつ火」との相性バツグンでした。

よし川の女将さんと小林社長.jpg

<よし川の女将さんと小林社長>

何をお話しているんでしょうか?


よし川さん自慢の桜えびのかき揚げ.jpg

<よし川さん自慢の桜えびのかき揚げ>

この「桜えびのかき揚げ」は本当に美味しいです!


小林社長と.jpg

<こんな雰囲気の中で一献いたしました>

このあと、小林社長といきつけのスナック「紫蘭」さんへ。ハイボールを飲んだ記憶があります。もうヘベレケになりました。翌朝、小林社長をお迎えにホテルへ。新幹線の新富士駅までお送りし、大好きな小林社長とお別れをしました。またお会いしましょう!!

★小林社長から後日いただいたメール★
先日はすっかりご馳走になりまして誠にありがとうございました。
よし川さんの桜えびをはじめとするお料理最高でした!
市川さん、原さん、女将さんと、蒲原界隈はそこここから噺が聞こえてきそうな落語ワールドじゃござんせんか!2軒目に連れて行っていただいたスタンドでは完全に酔っ払っており市川さんの後輩の小林さんと盛り上がっていたことは覚えております。小林さんにくれぐれも宜しくお伝えください。また、翌朝はホテルまで迎えにきてくださいまして何から何まで本当にお世話になりました。今度はお嬢様に会いに行かれるような機会に、ちょと足を伸ばして岩国に遊びにきてくださいませ。お待ちしております!

幸せの酒 銘酒市川 店主市川祐一郎
雁木「槽出あらばしり」純米吟醸 無濾過原酒「生」  新鮮で独特な風味とお米の旨味が凝縮した圧倒的な存在感!お袋の手料理が食べたくなるような、そんな味のするお酒です!

清水東×掛川東.jpg

<清水東×掛川東>

4/24(土)掛川東高グランドにて島田高、掛川東両校との練習試合に行ってきました。
掛川東高グランドは新しく、とても環境のすばらしいグランドでした。


エース望月(3年).jpg

<エース望月大輝(3年)>

低めのコントロールされた変化球とストレートにここのところ急激に磨きがかかってきました。身体も一回り大きくなったように思います。ふだんの練習でも最後まで残ってくれて、下級生といっしょに片づけまでしてくれる心やさしき先輩だと愚息が申しておりました。そういう私も大好きな選手のひとりです。

さて夏の大会、甲子園までは、あの暑い中、6?7試合投げなくてはなりません。あと三ヶ月の間に、それを想定して、走り込みをお願いします。7試合を集中力を切らないで投げ抜ける体力をつけてください。野手も同じです。調子のピークを夏の大会に標準を合わせてください。バイオリズムを想像してみてください。ピークが過ぎれば必ず落ちていきます。春の大会の王者がまた夏に勝てるかというとなかなかむずかしいと思います。また底からピークに向かって波は上がっていくものです。これは自然界の法則です。必ずや絶好調の波がやってきます。それを夏の大会に持っていってほしいのです。チーム全員がそうなれば、あとは・・・結果は付いてきます。

がんばっている人には必ず天はその努力を上から見ています。あと三ヶ月がんばってみよう!自分にとって一生の宝物ができると思います。お父さんお母さん達もがんばるからさ!!

デッドボール.jpg

<市川選手、デッドボール>

やばい!と思ったら、逆に「いよしっ!」と大きな声で気合いを入れて、一塁へ元気よく駆けていきました。この元気、ガッツこそが、セールスポイントであり、持って生まれた明るさです。丈夫な体に生んでくれたお母さんに感謝ですね!市川選手。

幸せの酒 銘酒市川 店主市川祐一郎
白天宝山 1.8L 2,960円(税込)西さんで一番人気の年に一度の限定焼酎。

MTBlog50c3BetaInner

最近のコメント

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.04