モンスターカレンダー

« 2013年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

武蔵大学の最近のブログ記事

武蔵大学静岡支部会 集合写真.jpg

<武蔵大学静岡支部会集合写真>

3月13日(土)静岡グランドホテル中島屋におきまして38名<静岡市支部卒業生701名(1/15現在)>の同窓生が集まり、武蔵大学静岡支部総会&同窓会が行われました。平成20年12月13日以来となる総会ならびに懇親会でありました。今回、幹事を務めさせていただきました。(さて問題です。私はどこに写っているでしょうか?)


村上 静岡支部会長.jpg

<村上静岡支部会長ご挨拶>

今回は同窓会本部から井上隆裕同窓会副会長、志方正和理事を迎えて開催されました。
村上光廣静岡支部会長(13E)のご挨拶に始まり、本当にたのしいひと時を諸先輩・後輩の皆さんと共有することができました。


武蔵大学 井上同窓会副会長.jpg

<武蔵大学 井上同窓会副会長>

井上隆裕同窓会副会長による大学の近況報告をいただきました。「ゼミの武蔵」その名が全国に広まり、受験生が年々増加、偏差値も60以上と難関校になっているとのこと。卒業生としてはとてもうれしいことです。


総会の様子.jpg

<総会の様子>


森 静岡支部副会長.jpg

<森 静岡支部副会長ご挨拶>


さて17時より始まった懇親会は森孝文静岡副支部長(15E)の挨拶、植田友通大先輩(3E)の乾杯の音頭で幕を開け、2次会共々大いに盛り上がり、気が付いたらなんと22時半!時を忘れて楽しい時間を過ごさせていただきました。今後もこのようなアットホームな雰囲気で、これからも続けて行きたいと思いました。


名司会の櫻田先輩.jpg

<名司会の櫻田先輩>


歓談する諸先輩.jpg

<和やかにご歓談>


高橋さんと内田さん.jpg

<野球部の先輩高橋さんと静岡銀行伝馬長支店長の内田先輩>


先輩方.jpg

<昔話に花が咲きます>


若手のみなさん.jpg

<これからの静岡支部を担う若手のみなさん>

静岡支部としての今回の収穫は、「また来てくださる」とおっしゃってくださった初参加の先輩方がいらしたこと。また、支部内で若手のネットワークができつつある中、さらに若い力が新たに加わってくれたことです。そしてなんといってもメンバーみんなの団結力と”武蔵愛”を確信できたことです。本当に「さすが武蔵」だなとを感じた同窓会でした。

自分自身、今回とても楽しかったです。幹事を拝命し、なによりの”ごちそう”は皆さんからの「出席」のお葉書でした。人を集める大変さ、また来てくださることの有り難さを実感できました。とても勉強になりました。無事終えることが出来ましたのも、アドバイスをくださったり、励ましてくださった先輩方や、準備会より協力してくれた若手のみなさまのおかげだと思っております。心より感謝申し上げます。

あと最年少の森雄治さん。ひょんなことから運営に巻き込んでしまいましたが、本当によくやってくれましたね。ありがとう!森くん。

このあと二次会は加藤重樹静岡銀行浜松南支店長が上手にやってくださいました。また司会と今回より会計幹事を引き受けてくれた清水東高野球部後輩の村山栄之静岡銀行瀬名支店長もがんばってくれました。うれしかったです。ありがとうございました。

報告者: 静岡支部 市川祐一郎、31回経営(硬式野球部)
画像協力: 森 雄治
武蔵大学同窓会しらきじWEBに掲載されました。こちらより!

森田家にて.jpg

<武蔵大時代の野球部のみんな 26年ぶりの再会>

2/27 夕方からお休みをいただき、武蔵大学時代野球部で御世話になったひとつ上の先輩のお宅(東京)へお邪魔して参りました。一ヶ月ほど前、久しぶりにお会いしたとき、「今度は俺の家で集まろう!」と先輩がお声掛けくださったのでした。そのときは後輩二人とひとつ上の先輩マネージャー大学卒業後初めてお会いしたんです。26年ぶりですが、みんなまったく変わっていなくて、お互い笑ってしまいました。
昔話と近況報告にあっという間に時間が経ちました。


森田さんとちほさん.jpg

<ここの主、先輩と奥様>

じつは奥様は私のひとつ下の野球部のマネージャーだったんです。
私が結婚式で司会をさせていただいたのです。久しぶりに思い出しました。
たしか厚生年金会館だったかと。
先輩は届いたばかりの草野球チームのユニフォームに着替えてご機嫌!


森田さんのお母様と.jpg

<先輩のお母様と> →私市川、目が据わってきていますね。

それこそ28年ぶりにお目にかかりました。「イチカワくん・・・でしたね」と覚えていてくれました。


えりこさんにお酌していただく.jpg

<先輩のお嬢様に「羅生門」をお酌していただく>

なんとご両親と同じ武蔵大に通っておられるそうです。
この日は先輩宅に一泊。寝たのは3時でまるで学生時代に還ったようです。
翌日起きるとチリ地震の津波警報の報道。これから帰らなければいけません。
東海道線の藤沢・熱海間と私の住んでいる最寄り駅の新蒲原がある富士・静岡間が
不通とのこと。

幸い新幹線は大丈夫とのことなので新幹線で新富士下車。
降りたらタクシー待ちがなんと50Mも!それもタクシーはなかなか来ない。
国道1号線バイパスの富士・清水間が通行止めでこちらもアウト!
もう歩くしかないか。二時間はかかるか?

誰か知ってる人はいないかなと思った時、親友の奥さんとバッタリ。
今ご主人に迎えに来てもらってるとのこと。助かった!
家までの旧国道1号は大丈夫とのことで、なんとか帰宅。
いや?、不思議なことがあるものです。皆さんに助けられております。
ありがたいです。感謝!

幸せの酒 銘酒市川 店主市川祐一郎
高砂「山廃仕込み」純米生原酒 無濾過 あらばしり 1.8L 3,150円/720ML 1,575円(税込)
高砂さんが得意中の得意の心底美味しい「山廃」です。厚みのある旨さ、上品な甘みとすっきり感が飲み手を虜にします! <今回は小野杜氏スペシャルバージョン『槽掛』も登場!>

MTBlog50c3BetaInner

最近のコメント

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.04