2013年9月アーカイブ

215409.jpg富田社長の”夢の実現”

〜酒造好適米で黒糖焼酎を創りました〜

北のお米と南の黒糖が寄り添う。 このお話をお伺いし、NSPの『北北東の風』のメロディー浮かんできてしまい 思わず口づさんでしまいました。 「北で生まれた僕が寒さに震えて、南で生まれた君が汗かいていた。 日本にはたくさんの人が住んでるけど、こうして会ったのは何かの縁でしょう」

ご注文はこちら→【限定品】黒糖焼酎「龍宮 美山錦」
1.8L ¥2,850/720ml ¥1,600 

この”ご縁”は富田社長が秋田県(財)あきた企業活性化センターと出合ったことによります。 出会いから一年半後、の2012年1月に秋田県産美山錦が届いた。 『げ・・・玄米・・・どうしよう・・・』 麹造りと風味を考えて島の精米所で90%(10%磨き)精米。 秋田金野黒麹で麹造り、酒母造り(透明感が・・・)、沖縄県産黒糖を二次仕込み。 三週間後蒸留!

この造りの様子を富田さんの『龍宮ブログ』から引用させていただきます。
=========================================
夢の実現■2/9 秋田美山錦で造りに挑戦中
1月16日から造りが始まりました。初めて玄米が・・・初めて精米所に10%磨きを依頼しました。

>> 蒸し、麹造り・・さすが酒造好適米・・仕事がしやすい
>> 酒母造り・・・白ワインのような香りが
>> 黒糖を仕込み・・波照間・与那国産
>> モロミ造り・・・米の旨味を出したくて、いつもより3日長く
>> 蒸留・・2月7日から2月18日まで

香りも・旨味も・キレもイメージ通り引き出せそうです。クラプトンに癒されながら造りをしています。

■2/10 蒸留は難しい
蔵付き酵母のせいなのか香りがシャープ過ぎる美山錦だからか清酒ぽっい明日の蒸留は、黒糖を出すため少し、蒸気をやさしくしてみようかなそんな時の「菜根譚」 繊細すぎない、大らかすぎない
============================================

出来たては軽快な香りの味わいでした。ミネラルのほろ苦い黒糖の風味も加えると楽しいな〜と貯蔵が始まりました。1年8ヶ月がたち、北国のお米と南の島の黒糖、両方の風味が寄り添っている感じになりました。北国のお米で出来た龍宮はキンキンに冷やすと美味しくなるのは不思議です。

飲み方は冷凍庫でキンキンにしてストレート(注:凍ります)、オンザロック、水割り、前割りにして冷酎もいいかも。炭酸割りは透明感とクール感が好く合います。お湯割りはぬる燗の温度が好いですよ。

 

 

 

220701Lb.jpg かつて一世を風靡した金丸本店の復活銘柄。入荷しました。

現在、『杜氏潤平』『潤の醇』など数々の銘酒を醸しております小玉醸造合名会社様より、「金丸本店」時代に製造をしていた芋焼酎『宮の露』を復活させ、このたび販売されることとなりました。

限定120本となっておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

===============================================
【蔵元様より】
私の実家は「金丸本店」という酒蔵でした。小学生の時に合併し、「金丸本店」は無くなりました。小さい頃の蔵の思い出と言えばかくれんぼをしたり、蔵人さん達と木桶の大きなお風呂に入ったり、おやつに黄金千貫を貰って食べたり分析室のフラスコ等がものすごく不思議に感じたりと、楽しいものばかりでした。
時が移り、家族と小玉醸造を引き継ぎ13年目に入りました。引き継いだ当初より「金丸本店」時代の銘柄を復活させたいと言う思いを持っていました。そして3年前より少量ですが仕込みを開始しました。試行錯誤の中BY(※)違いで仕込み方や製造量にバラつきがあります。お取引様各位におかれましてはその点をご理解いただき、ご注文をいただければ幸いでございます。

小玉醸造合同会社 杜氏 金丸 潤平

※「BY」とは製造年度のこと、小玉醸造様では本年7月から翌年6月までを表します。例えば、24BY(平成24年製造年度作といえば、平成24年7月〜平成25年6月の 間に作られたものということになります。

【蔵元様より酒質についてメッセージ】
原料芋・黄金千貫の香りはおだやか、味はしっかりどっしり。お湯割りにすることで香り・甘みが広がります。冷めても一度広がった香味は水割りやロックと一線を画します。これからの季節、心も体もほっこりする「お湯割り」はいかがでしょうか?
===============================================

【限定品】芋焼酎「宮の露」

1.8L 2,800円

このアーカイブについて

このページには、2013年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2013年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。