【入荷分完売・次回入荷未定・予約注文不可】ガイアフロー シングルモルトウイスキー静岡 プロローグW 700ML

【入荷分完売・次回入荷未定・予約注文不可】ガイアフロー シングルモルトウイスキー静岡 プロローグW 700ML
商品コード: 722802N
販売価格: ¥8,943 (税込)
ショッピングポイント: pt
化粧箱
箱あり(ギフトボックスのご指定は不要です。)
※贈答包装・お熨斗・メッセージカードのご指定がございましたらご指定下さい。
クール便
クール便は不要です

こちらの商品は只今完売欠品中です。
※お問合せはこちら

054-389-1733
フリーダイヤル:0120-89-1713(固定電話のみ)
受付時間 平日9:30~18:30

メールでのお問い合わせ

※ウイスキーは入荷時期・本数未定のため
次回入荷のお問合せ・予約注文への
回答は行いません。ご理解ください。

入荷・発送予定
即納(在庫:0)

※「即納」表記でも、ご注文本数によっては店内在庫不足にてお待たせする場合がございます。お急ぎの方は事前にお問い合わせくださいませ。

商品について

製造者
ガイアフローディスティリング
保存方法
冷暗所にて保存してください。
アルコール度数:55.5%
≪静岡発!日本ウイスキーの新たな未来が始まる≫


入荷数量が少ないためWebでの販売に至らず、すでに完売となります。なお、メール・FAX・お電話等でご注文・お問い合わせいただきましてもご用意できかねますので、ご予約は受け付けておりません。
(Web上での在庫管理の為、お電話・FAXでのご注文は対応出来ません。ご容赦ください)
※ご注文多数の場合は、先着順とさせていただきます。
※※在庫変動の仕組みが変わりました。
-買い物カゴに入れてもキープになりません。ご注文完了先着順となります-


【予定販売本数:5,000本】シングルモルトウイスキー静岡の序章第2弾、それがプロローグWです。

静岡蒸溜所では、KとWという呼び名の2基の初留用蒸留機が稼働しています。
Wは、唯一無二の薪直火蒸留機の愛称。
直火の蒸留機は世界的にも数が限られており、その中でも他に類をみないのが薪を燃料とした蒸留機です。

燃料となる薪は、静岡の豊かな山の営みから溢れ出た針葉樹の間伐材。
地元のきこりが、ひとつひとつ手で割って薪にしています。
その薪を燃やし、ウイスキーを蒸留しているのです。

再生可能エネルギー事業にルーツがあるガイアフローが、200年以上前の蒸留技術を現代に蘇らせました。

プロローグWは、現代に蘇った薪直火蒸留機Wで蒸留し、静岡蒸溜所内で熟成させたシングル・ウォッシュ
スティル・ウイスキー。原材料は、日本国産大麦麦芽を主体に、スコットランド産ピーテッド麦芽やビール用麦芽なども使用しています。

3年熟成の荒々しさがありつつ、優しい香りと、しっかりとしたボディ感と軽いスモーキーさ。
長く穏やかな余韻をご堪能いただけます。薪直火ならではの厚みのある味わいをご賞味ください。
【静岡蒸溜所 プロローグK 製造工程】
1.モルト粉砕 MALT MILLING
原料の麦芽を粉砕するこの真紅の機械は、粉砕機 = MALT MILL。1989年に英国で作られたビンテージものです。

かつて、歴史ある蒸留所で使用されていましたが、2011年に蒸留所は閉鎖。その後、オークションで売りに出さていたところを、静岡蒸溜所が落札しました。落札後に国内で修繕をし、製造に用いています。

プロローグKでは、日本ウイスキーの名に相応しく、日本産大麦麦芽を50%超使用。そのほかにも、英国産やカナダ産の麦芽を原料とした原酒も使用しています。日本産の大麦麦芽ならではの、繊細でデリケートな味わい。そこに、英国産ピーテッド麦芽が軽やかなピート香を演出し、英国産ピルスナー麦芽やカナダ産ピルスナー麦芽が甘く豊かな香りを添えています。

次の糖化の工程で、含まれているでん粉が、じゅうぶんお湯に溶け出していくよう、砕く粒の大きさを調整します。

2.糖化 MASHING
粉砕された麦芽は、ステンレス製の巨大なタンク、糖化槽 = MASH TUNに、大量のお湯とともに投入されます。お湯は蒸溜所敷地内にある井戸からくみ上げた、仕込み水を加熱したもの。

麦芽の中にはデンプンと、糖化酵素と呼ばれる分解酵素が含まれています。かくはんしてしばらく経つと、糖化酵素がデンプンを分解して、糖分に変え、糖はお湯の中に溶け出して行きます。

この工程を糖化といい、甘い麦のジュースが出来上がります。

この甘い液体を麦汁 = WORTといい、次の工程、アルコール発酵に必要な糖分をここで準備します。

3.発酵 FERMENTATION
甘い麦汁に、酵母(イースト)を投入すると、酵母が、含まれている糖を消化して、アルコールと二酸化炭素に分解します。これをアルコール発酵といいます。こうしてできたアルコールを含む液体のことを、もろみ = WASHと呼びます。

アルコール発酵は大きな木製発酵槽 =WOODEN WASH BACKの中で進行します。最近ではステンレス製の発酵槽が多いのですが、静岡蒸溜所では木槽を使っています。

アルコール発酵が終わったあと、ウイスキーの味わいを高める、乳酸発酵が始まります。これに必要な乳酸菌が、木の発酵槽の中にはたくさん棲息しているのです。

静岡蒸溜所の発酵槽の材料は、一般的なオレゴンパインのほかに、周囲の山から切り出してきた、静岡産の杉が使われています。

地元産の杉に棲む乳酸菌が、風土に根ざした、静岡らしい個性をシングルモルトに与えます。

4.蒸留 DISTILLATION

沸点の低いアルコールは、加熱すると水より早く蒸発します。この時間差を利用して、アルコールを濃縮する工程を、蒸留と呼びます。

ウイスキーの蒸留には蒸留機 = POT STILLと呼ばれる、巨大な銅製の釜を使います。ウイスキーは、他のスピリットなどの蒸留酒と異なり、2回蒸留を行ないます。

その1回目の蒸留に使われる初留蒸溜機は、かつて由緒ある蒸溜所で使用されていたもの。日本で1950年代に製造された年代物の機械です。長年の稼働で経年劣化が顕著でしたが、移設を機に修繕、改良し、日々の製造に使えるように再生しました。

この蒸溜機は、蒸気の間接加熱方式を備え、社内では K という呼び名がついています。プロローグKには、この蒸溜機Kで蒸留された原酒のみが使われています。

蒸留で、原酒の味わいを左右する大きな要素として、蒸留機の上に煙突状に伸びるヘッドと呼ばれるパーツと、そこから水平に伸びるくちばし状のラインアームというパーツがあります。

この蒸留機の、長くて細いネックとラインアームは、設計者がフルーティーで、軽やかな味わいを意図したものと想像されます。

5.熟成 MATURATION

スコットランドの法律に「木の樽で3年以上熟成したものでないと、ウイスキーと呼んではいけない」というものがあります。

ウイスキーは樽に育てられます。

プロローグKで使用された樽は、EXバーボンバレルです。一度だけバーボンの熟成に使われた古樽で、甘いバニラのような香りが特徴です。

ウイスキーの熟成は、樽が外気を呼吸し、原酒の水分やアルコールを揮発させることにより進みます。この時に蒸発して消えてしまう量のことを「天使の分け前」と呼んでいます。

庫内の寒暖の変化が大きくなるよう、特別に設計された熟成庫により、より多くの原酒が天使の分け前として蒸発していくことにより、熟成が促進されます。

6.ブレンド BLENDING
十分に熟成された原酒は、樽から払い出され、複数の樽の原酒を混ぜ合わせることで、深みと広がりを持つウイスキーへと昇華します。この作業をブレンドと言います。

プロローグKでは、200を超える3年熟成の樽の中から厳選された、31樽の原酒をブレンドしています。

まだ若いウイスキーではありますが、日本産麦芽由来のソフトでデリケートな味わいと、樽から溶け出したウッディさが絶妙に混じり合い、また、程良いピート香が心地よい余韻を演出しています。

樽は、ひとつひとつが個性を持ち、その置かれた環境によって熟成の状態は異なり、ひとつとして同じ味わいになりません。ブレンダーと呼ばれる担当者は、ひと樽ひと樽、香りから原酒の出来具合を判断して、選び出しています。
カートに追加しました。
カートへ進む

PAGE TOP