墨廼江 純米吟醸「蔵の華」 1.8L

  • クール便推奨
墨廼江 純米吟醸「蔵の華」 1.8L
商品コード: 119205L
販売価格: ¥2,970 (税込)
ショッピングポイント: pt
化粧箱
箱無し (ギフト箱の説明・ご注文ページへ)
クール便
クール便推奨(クール便について
数量:
入荷・発送予定
即納

※「即納」表記でも、ご注文本数によっては店内在庫不足にてお待たせする場合がございます。お急ぎの方は事前にお問い合わせくださいませ。

商品について

製造者
墨廼江酒造株式会社
生産地
宮城県石巻市
日本酒特定名称
純米吟醸
日本酒取扱銘柄
墨廼江(墨廼江酒造・宮城)
保存方法
冷蔵もしくは冷暗所
【アルコール分】16.5【日本酒度】+3【酸度】1.7 【使用米】宮城県産 蔵の華 55%精白 【使用酵母】宮城酵母
オール宮城の純米吟醸酒
~魚料理、お寿司、お刺身などとの相性抜群~


宮城県を代表するお酒を醸す石巻の墨廼江さんの自信作。
使用米宮城県が開発した酒造好適米「蔵の華」、そして酵母は「宮城酵母」を
使用しており、まさにオール宮城の純米吟醸酒であります。
酒名の「蔵の華」は宮城県が開発した酒造好適米の名前から命名。

「フレッシュな果実の香りとほのかな甘み、爽やかな酸味が三位一体となって口中
に広がります。飲んだ後も爽やかで、透き通った余韻をお楽しみいただけます」と
蔵元様談。

さっそくいただいてみたいと思いますので、飲んだ感想は後日、ご報告をさせてい
ただければと存じます。

大学の後輩が醸した美酒「墨廼江」で乾杯!

★酒造好適米「蔵の華」について

<開発の背景>
宮城県で普及している酒造好適米「美山錦」が耐冷性や耐倒伏性が不十分で、
作柄が不安定なことから、作付けは伸び悩んでおり、良質で安定多収の酒造
好適米品種が要望されていました。また一方、酒造業者からは宮城県独自の
酒造好適米品種の普及も望まれていました。
宮城県古川農業試験場において、「山田錦」を母とし、「東北140号」を父として
1987年に交配し、適性試験を重ね、1997年宮城県で奨励品種に採用され
「蔵の華」(水稲農林351号)と命名登録された。

<特性>
「蔵の華」は障害型耐冷性、穂いもち抵抗性が絹針で耐倒伏性が「美山錦」より
強く、収量性が高く、心白の発現は少ないが大粒で酒造用米としての成分特性に
優れ、酒造適性は「美山錦」と同等に良好である。
宮城県において奨励品種に採用され、“酒米の里”の定着化による地域の活性化
及び宮城県特産酒の普及発展に寄与するものと期待される。
カートに追加しました。
カートへ進む

PAGE TOP