幻カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー[メイヤー・ヴィンヤード] 【赤】 2017 750ml

  • クール便(6-9必須)
幻カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー[メイヤー・ヴィンヤード] 【赤】 2017 750ml
商品コード: 408603N
販売価格: ¥16,500 (税込)
ショッピングポイント: pt
化粧箱
箱無し (ギフト箱の説明・ご注文ページへ)
クール便
クール便必須(6~9月)(クール便について
数量:
入荷・発送予定
即納(在庫:9)

※「即納」表記でも、ご注文本数によっては店内在庫不足にてお待たせする場合がございます。お急ぎの方は事前にお問い合わせくださいませ。

商品について

ワイン産地
アメリカカリフォルニア
ワイン種類(色・発泡など)
赤ワイン
ワイン価格帯
10,000円~
ワイナリー
Rebecca & Tomohiro Kisaichi
保存方法
冷暗所にて保存してください。
ワイン・メーカー:Rebecca & Tomohiro Kisaichi アペレーション:ナパヴァレー オークノル・メイヤーヴィンヤード 収穫日:2017年10月1日 BRIX:25.2度 樽:フレンチ・オーク新樽20% Best of Bestタランソー&カディウス 熟成:18ヶ月  品種:カベルネ・ソーヴィニヨン100% アルコール:14.2% 総ケース数: 62ケース(12本入)
■「幻カベルネ 2017」 リリース。
≪私市友宏(キサイチトモヒロ)氏と妻のレベッカさんが造るまぼろしのワイン≫


★ご使用はお客様のご判断にお任せいたしますが、できましたら6月~9月の間、クール便の御指定【必須】でお願いいたします!

【ワイン・メーカー私市友宏氏からのコメント】
2017年は何年も続いた水不足を解消する大雨の冬から 始まった。春芽吹きも順調で、9月の第一月曜日のレイバーデイまではとても良いブ ドウの生育の年となった。その後、熱波が来たので、ほとんどの畑で収穫を早めに 行ったが、このワインに使ったナパのメイヤーヴィンヤードでは9月の涼しい気候も 過ごした少し長いハングタイムを取ったブドウを収穫出来た。幸運な事に収穫は10月 8日の恐ろしい山火事が起きる直前、10月初めに終える事が出来た。 山火事の影響を免れて均等に熟したカベルネ・ソーヴィニヨンのブドウは香り高く、 濃厚で複雑味のある素晴らしい出来だ。

<ヴィンヤード>
ナパ・ヴァレーのオークノルにあるメイヤーヴィンヤード。大変良い カベルネ・ソーヴィニヨンの畑として有名な畑のブドウを幸運なことに手に入れるこ とが出来た。

<ワイン>
きれいなレッドベリーやブラックベリーの香りにエキゾチックなスパイ スやスギのような香りが重なり合うように感じる。かすかにダークチョコレート、バ ニラ、芳ばしいオークの香りもある明るいブラックベリーのフレーバーが口に広が る。リッチでちょうど良い密度があり素晴らしい飲み心地が楽しめるだろう。よくこ なれたタンニンがあり、ブラックベリー、かぐわしいスパイス、キャラメルをまぶし たバニラのような長い余韻がある。バランスが取れた複雑味のあるカベルネだ。様々 なローストまたはグリルしたミートとの相性が抜群。時間が経てば、ハーブやキノコ などの大地の香りも加わり、ますます複雑味に富んだワインになるだろう。


【ご参考までに】


『東京カレンダー』2008年11月号P198~201に俳優の大沢たかおさんが「幻メルロー」「幻ピノ」「幻カベルネ」「幻シャルドネ」を醸しているカリフォルニアの私市さんを訪ねるという特集記事「芳醇なるワインの里へ」にその様子が克明に書かれております。

また11/26スポーツ報知において元巨人軍/元パイレーツの桑田真澄投手がこの幻ワインのファンであることが報じられております。


【幻のワイン】
カリフォルニアでワイン作りに情熱を傾ける一人の日本人がいます。私市友宏(きさいちともひろ)氏である。妻レベッカさんと共に自分達のワイン「幻メルロー」を1999年に初めてリリースしました。この二人が手がけた初ヴィンテージ、ここまでの道のりは決して平坦なものではありませんでした。

私市氏は大阪府交野市生まれ。家業が酒類販売だったこともあり青年期からさまざまなお酒に慣れ親しんでいました。お店に並ぶ国内外のワインを体験し続ける中で、「アッっ、これは!!」という素晴らしい出会が彼に訪れました。そのワインの名は“ラ・ターシュ”。出会ってしまってからというもの、自分の中でワインを造ってみたい、みようとの思いがつのり、お店の主人としての地位を捨て、自分自身のワインを造ろうと決心。その年である1991年に、素敵な米国人女性の奥様、レベッカさんと3歳になる詠美ちゃんを連れ立って、私市氏は半ば勘当同然でワイン造りの修行へと、フランス、ブルゴーニュへ旅だったのです。

彼の現在ある類まれなる非凡さのエネルギーはこの出発が原点です。1月からジュブレイ・シャンベルタンのドメーヌ・アルマン・ルソーで1年間働くことになりました。しかし、そこで待ち受けていたのは期待とはかけ離れた、過酷な肉体労働でした。有名ワイナリーでの仕事は、ぶどうの木の剪定から房の摘み取り等、ありとあらゆる力仕事からなり、「ワインを造る」事からはかけ離れた単純作業でした。(もっともこの経験が現在の仕事の根幹をも担っているのはまぎれもない事実です。)求人広告を頼りに他のワイナリーを回ってはみたものの環境はそう変わりそうにもありませんでした。個人的に親切な人もいて、友人も出来たのですが、フランス語が苦手な妻のことも考え、新天地を一路カリフォルニアに求めることにしました。

二人は1年間のフランスでの経験を通して、フランスワインの出来上がってしまった“型”を実感し、自己実現の可能性はカリフォルニアにあると考えたのです。カリフォルニアの澄んだ青い空の下、肉体労働者としてではなく、セラー・ワーカーとしての道を歩み始めました。友宏氏はストーンストリート・ワイナリーのセラーワーカーから始め、現在はミシェル・シュランバージェ・ワイナリーでエノロジストをしています。レベッカさんは、サイモン・レヴィ・セラーズにてワインメーカー(醸造責任者)として活躍しています。また2人でソノマのロシアン・リヴァ・ヴァレーに念願のピノノワール畑を購入、敷地内に新居を構え自分たちの畑から取れたピノノワール造りに力を注いでいます。

【名前の由来と今後】
フランスに行くことを決心したとき、知人に「夢か、『まぼろし』みたいな話」と言われたそうです。それがずっと心の片隅に残っていて、二人のワインは「まぼろし」だったかもしれないワインという事で、「まぼろしワイン」と名付けられました。ぶどうを購入し造り始めた「メルロー」そして、「カベルネソーヴィニョン」、そしてぶどうから育てていきたいと願っていた二人は21世紀、念願の自分たちのヴィンヤードをソノマのセバストポールに購入。ピノ・ノワールが植えられた畑と共に夢に向かって着実に一歩一歩前進してきました。

彼らの夢の担い手となった、メルローとカベルネ、そして現在においてそれらが集約された、2006年ヴィンテージのピノノアールは、今日までのマボロシのようなお話しを語り、今後のマボロシのような夢を見させてくれることでしょう。

【ラベルの意味】
ラベルの絵はシャガールっぽい感じ。私市氏自身シャガールが大好きとのこと。ラベルに登場する鳥(イーグル)は「スクリーミング・イーグル」、羊(ムートン)は「シャトー・ムートン・ロートシルト」を意味しており、両者ともカリフォルニアとフランスを代表する名品。もわっとした「まぼろし」をその「スクリーミング・イーグルと「シャトー・ムートン・ロートシルト」が追いかけているという設定なのである。

幻カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー[メイヤー・ヴィンヤード] 【赤】 2017 750mlの関連商品

この商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

カートに追加しました。
カートへ進む

PAGE TOP